ブログ

2022年06月26日

変化を楽しむ

地球とは母です。
誰もが胎児の時には母親から必要な栄養と酸素を、それも子宮の羊水の中という特別な環境を与えてもらうプロセスを経て地上に出てきます。
 
地球は水の惑星ですから、人間もまずは水中で育まれるわけです。
 
子供から身体が成長して大人になっても、母なる地球に育まれていることには変わりません。
 
海で育まれた生物を食し、陸の植物が育む果物と野菜を食し、それらを食して育まれた鳥や動物さえも人間が食しているのです。
 
しかし今の人間は、その母なる地球の海と大地を汚染し続けており、自らを育んできた地球の機能すらも損なわせてしまうような勢いです。
 
それを疑問に感じる人々が、すでに立ち上がって生き方を転換させはじめているのです。
 
自分以外の誰かが何とかしてくれるというのは幻想です。
自分から変わる人々の累積からでしか、地球の文明は変わらないのです。
 
これからは変化を怖れる人が窮地に追いやられ、変化を楽しむ人が台頭する社会となるでしょう。
 
今は地球という星ごと変化をしているのですから、その変化に順応できる人間が地球と共に変化を遂げる… これはとても自然なことなのです。
 
テキストの画像のようです
 
 
2022年06月23日

歴史は繰り返す

人類が新たに創造する何かによって自然を制御することが進化だ、そう考える人がいます。
 
その一方で、創られた存在である人類が完璧な宇宙をコントロールしようとするのではなく、宇宙の完璧さに気付いた上で地球という星との調和を取り戻すことこそが進化だと捉える人がいます。
 
同じ星の中でのこの分離は、1万数千年前にも実際に起きたことです。
 
そして、結果的にその文明は消滅してしまいました。
 
それをやり直すために、同じスピリットが今この世界に肉体で出てきています。
 
そのことを思い出す人間をもっと増やすこと。
 
私のしている講演など諸々の活動は、そんなきっかけを作りたいからです。
 
7/2(土)の講演会【古代の叡智】には、そんな背景があります。
 
何かを感じる方のご参加をお待ちしております。
 
 
 
講演会の詳細はこちら
 
アウトドアの画像のようです
2022年06月22日

問題視

人の意識とはとても力がありますから、何かを問題視すればそれが実際に問題となります。
 
量子力学においても、これは科学的なお話です。
 
心配すればするほど、その心配事は実現するというわけです。
逆に、「何を夢見てるんだ!」なんて具合で誰かからバカにされると、大抵の人は夢を見なくなります。
 
それでもめげずに忍耐強く夢を見続けられる人だけが、夢を実現するのです。
 
何を夢見て何を心配して何を実現させるのかはその人の自由ですが、何を問題視するのかは人によって傾向があります。
 
それが意味するところは…
 
問題視をした場合、それを聞き入れた人の問題創出の手助けすることにもなってしまうということです。
 
誰もが、子供時代に親や教師から否定された何かを封印して大人になっています。
 
そこを紐解くことで心が解放された実例を、私はたくさん知っています。
 
親身になって会話をするだけでも、相手がどんどん別人へと変わって行くのです。
 
 
 
 
電話での個人セッションもしております。
 
詳細はこちら
 
2022年06月22日

昨日のスピリチュアルTV

たまたま夏至とも重なる放送となりましたが『石も生きている』というお題にしてみました。
 
実質的には、小学校でも習った【アニミズム】という言葉の意味を解説するような話となりました。
 
楽しんでご視聴ください!
 

2022年06月21日

講演会【古代の叡智】ご案内

私たちは、小学生頃から現代人が進化の最先端であるかのような教育を受けます。
 
でもそれは教育ではなくて洗脳です。
 
知的生命がまるで地球だけに存在しているかのごとく教える…それも洗脳です。
 
7月2日土曜日の講演会【古代の叡智】にて、石井が宇宙と地球の本当の歴史を踏まえたお話をします。 
 
この講演を聴けば、古代叡智とはどういうことなのかの理解が進むでしょう。
 
古代人は、現代人にはない叡智を有していたのです。
現代人がなぜこうなったのかの解説もします。
 
詳細はこちら
2022年06月20日

動画配信【人間関係】

これまでの人間関係の話とは、ほとんどが三次元での肉体生活を生きやすくするためのノウハウでした。
 
しかしアセンション時代に入った今だからこそ、私は肉体の生死を越えた非物質の人(ハイアーセルフ・守護霊)をも含めた関係をテーマにして講演をしてみたのです。
 
すると、おかげさまで一月以上が
経過した今でもお申し込みがございます。
 
肉体が自分自身の一部分でしかないと自覚することは人生に豊かさや力強さを与えますから、自信を持ってみなさまへのご視聴をお薦めします!
 
 
 
詳細はこちら
2022年06月19日

慣れることの意味

比較とは、それが何であっても対象があってすることです。
ですから、慣れるということは比較対象が変わるという意味です。
 
例えばある時点で何かを不快に感じるならば、それは快適な何かと比較をしているからです。
 
更に不快な何かが常にあったとすれば、そのことは大して不快なことでもなくなるというわけ(笑)
 
私は6年前に脳幹出血で倒れて全身が麻痺をしてしまったので、それからは手や足が少しずつでも思い通りに動くだけで大きな喜びとなっています。
 
一度はまともに話せなくなったので、自分の話したい内容の大筋が聞き手に通じるだけでも「よし」とできます。
 
以前ならば自分の話の内容を相手が「誤解している」やら「意味を取り違えている」等で感じていた不満も、自然と笑って済ませるようになりました。
 
なぜこの話をするのか…
 
本日は暑かったからです。
 
元来の私は暑さに弱い体質だったので、以前ならば今日みたいな日に感じるのは「今年もイヤな季節になったな~」でした。
 
しかし、ほぼ動かないくせに全身が痛くて痺れるという凄惨な経験をここ何年間も味わったため、本日は「痛みも痺れも少なく、疲れるだけでゆっくり歩けている!」という喜びが前面に出てきて暑さはそれほど苦にならなかったのです。
 
それよりも、歩く練習をしていた時期の視界があまりにもデタラメだったことを思い出し「今では人や車の数がちゃんとカウントできる!」と感じていたくらい(笑)
 
よって、すぐに不満や愚痴が出てくる人とは日常が恵まれた環境にある証拠なのですね~
 
愚痴を聞かされたとしても、実はそれが微笑ましい状況であるとするならば?
車と道路の画像のようです
2022年06月18日

すべてが生きている

6年前に私が倒れた後にいらっしゃったとあるご夫婦が「旅行先で見かけた石仏から石井さんの波動を感じた」と話してくれたことがありました。
 
視ることも歩くことも難しかったその頃の私は「私がそれを見る日は来ないであろう…」だったのですが、5年後にそれが実現しました。
 
どんな神社にも決してない仏のフォルムと古代遺跡のような不思議な刻印。
 
1600年代の作で、なんでも芸術家の岡本太郎さんがこれを絶賛していたそうです。
 
神社仏閣には興味のない私ですが確かにこれには惹かれるものがあり、これは「石も生きている」ということを伝えるために作られた石仏であると直感しました。
 
独創的な人にはオススメのこれは「万治の石仏」というネーミングでした。
 
相手が動物や植物だけでなく、石と対話する人間も実在していますからね!
1人、立っているとアウトドアの画像のようです
2022年06月18日

生き方を選ぶ

地方で旧世紀の価値観に毒されてしまった十代の自分の感性では、緑や田畑が広がっている土地は単に「田舎」だとしか感じませんでした。
 
コンクリートに囲まれるような生活に憧れるようなセンスをいつの間にか刷り込まれていたのです。
 
自分の生れた頃には家の周りにも田畑が多く、魚や昆虫やカエルやサリガニを捕まえて遊んでいた小学生だった自分が、室内で過ごすことが文化的な生活だと思い込む高校生になっていたのです。
 
高校卒業で上京を検討するにあたって東京見学に来たのですが、「ここはとても生物が住む環境ではない!」と強く感じたことを思い出します。
 
しかし東京一極集中の時代、音楽教室や楽器販売を除いて田舎で音楽を職業にするなんてとても無理に感じられました。
 
旧世紀は東京に地方から人間が集まってきていましたが、今は東京育ちの人も含めて東京脱出欲求が加速しています。
 
政治に依存していても何も変わりませんが、一人一人が決断し行動すれば自ずと変わるのです。
 
コロナ騒ぎで人が集まることを問題視してきた近年では特に顕著です。
 
「何をして稼ぐか」よりも、「人生をどう生きるか」を重要視する風潮はもう止まらないでしょう。
山、自然、雲と草の画像のようです
2022年06月18日

当たり前に感謝する

十代の頃、私は自分の生まれ育った町に辟易していました。
その地域の文化や人間タイプに自分が馴染めなかったからです。
 
ところが、町を離れてみて初めて自分を育んでくれた自然の豊かさに気付いたのでした。
 
都会での生活者が憩いを求めてわざわざ旅行するような自然環境を、自分は当然のように享受して思春期までを過ごしていたわけです。
 
私は過去世の記憶からか湖が特に好きで、先日はそこが出身者だというお方のご厚意で長年気になっていた某所に初めて行ってきました。
 
すると、自分が子供時代からよく釣りに通っていて後年は瞑想をしに通っていた元実家近所の湖が、実は他県の有名な湖と比べても遜色ない環境であることを再認識しました。
 
自然環境が人間の性分を左右しているなんてことを十歳代にはまるで掌握できなかったため、保守的な人間の多い出身地を私は常に不満に感じていたのです。
 
動植物・昆虫・魚・野や川や海や風、母なる地球によって自分がどれだけのスピリチュアリティを育んでもらっていたのかを、十代までは当然のことのように思って感謝すら抱いていなかったのでした。
 
当たり前でなくなって初めて気付くのは健康でも同じです。
失うということは、それが何であっても「あるのが当然ではない」ということに気付けて感謝できるのですから、失うことが人生を更に豊かにするきっかけにもなるのです。
 
一度は何かを失っても、むしろそれによって得るものすらある。
 
そこに着目すると、人生が思い通りにならないこともそれが人生ステップアップの機会なのかもしれません!
湖、雲と自然の画像のようです
2022年06月14日

幸せとはこだわりを手放すこと

「こうだったら幸せなのになぁ」
「あれさえ無ければ人生楽しいのに…」
 
多くがそんな風に考えるものです。
独りだけでできることならば、年数をかければそれも叶う可能性が高まります。
 
ところが何かを進展させようとすれば、この世界では必ず人とのかかわりが発生します。
 
そこで人を操ることを望みがちなのですが、自分以外の人間にはそれぞれの意思や願望というものがあります。
 
よって「もっとああだったら」「もう少しこうだったら」との思いが益々募るわけです(笑)
 
これは他ならぬ自分の経験ですが、私は若い頃にギターの演奏が大好きでした。
 
でもバンド活動をするとなるとヴォーカルでもベースでもキーボードでも、いきなり自分の思うようなプレイヤーと組むなんてことはまずありません。
 
こだわりがあるうちは、一人で演奏しているだけで何の発展性も生まれないのです。
 
一事が万事ですから、これは何をするのでも同じこと。
 
こだわりを捨てることでしか、自分のこだわり実現に近付く方法はないのです。
 
つまりは「これがあるから幸せでない」と定義しているうちは幸せにはならない。
 
「欲を言えばあれこれあるけど気にしない」という姿勢で受け入れて進む人だけが、少しずつでも着実に幸せを手にして行くのです。
 
完璧主義が最も完璧を遠ざけ、細かい事を気にしない人が理想にどんどん近付く…
 
皮肉ですが真実です。
だから人生は面白い!
テキストの画像のようです
 
 
2022年06月13日

豊かさは本当に有限か?

学校教育では、勉強でもスポーツでも必ず順位を決めます。
私も十代前半までは、それを仕方のないこととして受け入れてきました。
しかし高校生頃からはそんな社会システムに疑問を感じるようになり、一定の基準で評価されるような人生からは自分から離れる決意を固めました。
よって私は大学には進学せず、ボーナスが出るようなまとも勤続年数もないままあらゆる職種を遍歴しました。
経済苦も伴いましたが、一度の人生で多種の価値観や人の多様性を学べたことは実に大きな財産となっています。
そして、誰もが今回はどんな価値観でどんな生き方、死に方をしようとも、それはご当人の自由だと思います。
人間にとって最も重要な価値観、それは肉体以上にスピリットを意識することです。
数百年前から地球では「人間が猿から進化した」などというデタラメを子供時代から洗脳しています。
その成果もあって、嘆かわしいことに「自分たちは動物が偶然進化しただけの存在だ」と思っている人間が実際に多くいます。
肉体は、手術で改造したり遺伝子操作すらできます。
しかしそれでも肉体死は避けられないし避ける必要もありません。
なぜならスピリット自体は人間には無くすことも創ることもできないのですから。
「スピリットは不滅である」ということを万人に思い出してもらうこと。
今これ以上に価値を感じることはないし、私のような不自由な肉体でもある程度はそれが出来るのですから、私はこれをライフスタイルとしているのです。
肉体健康状態や経済状況に恐れを感じるならば、それはスピリットに意識が向いていない証拠です。
宇宙でも地球でも、本当は無尽蔵に誰もが幸せで豊かになれるのです。
「限りあるものを奪い取っている」という概念は、これまでの地球ゲーム独特のルールに洗脳されていただけだったのです!
水域、自然と大空の画像のようです
 
2022年06月12日

ギャラリー「HUHUHU」の新装オープン記念で、UFO研究家の竹本さんに続いて私もお話をさせてもらいました。
そしてその様子を主催のおかちゃんがユーチューブにアップしてくれました。
ありがとうございます。感謝!
 

2022年06月11日

本日の13:00~

映画作品【インセプション】の上映会を、三軒茶屋駅近くの太子堂区民センターにて¥1,000で開催します。
 
何度見ても夢をテーマにした実によくできた映画です。
 
しかし難解な印象を持たれてしまう作品でもあるため、鑑賞後に非物質専門家「石井数俊」が内容解説をします。
 
おうちでくつろぐような感覚で気軽にご参加ください!
お待ちしています。
 
詳細はこちら
 
2022年06月07日

放送事故

今朝の【スピリチュアルTV】では放送中にフリーズをしてしまい、数分間は私が外しての配信となってしましました。
5G変換に伴うwifi機器の調整期とかも関係して起きた模様です。
 
それでも話の内容は面白いですよ~
 
お題は「夢と現実」!
 
電子機器に依存した生活が常に危険を伴っていることは認識していましたが…
トラブルも笑いのネタにできる心の余裕が大切ですね(笑)
 
 

2022年06月07日

あるようで無かった内容

講演会【人間関係】の動画配信について
「タイトルからして、あまりにもよくある内容なのでは?」との質問を受けました。
 
これはありがちな肉体での人間関係のことだけではなく、
「ハイアーセルフ」を含めた関係について解説したお話です。
 
20世紀にはまずなかった内容であると自負しています。
 
新たな人間関係構築の方法として今すぐにでも活用いただける内容となっています。
 
人間関係でお悩みの方、ぜひご覧ください。
 
詳細はこちら
2022年06月07日

異次元の食料調達

講演会【異次元の食料調達】の動画配信について、
「タイトルだけでは内容が何だか解りにくい」とのご指摘を受けました。
 
これは先月に石井が出雲にて神社巡りをした際、
神社というものについて私が元々感じていたことに加えて改めて感じたことをお話したものです。
 
・出雲の神社の特徴
・隔たりのない世界へ
 
等、内容の詳細を追記しました。
 
どうぞご参照ください。
 
なんとなくしてきた、神社へのお参りの意義も多くの方が納得できるでしょう。
 
 
詳細はこちら
2022年06月06日

夢も現実

私は幼少期より夢から多くのヒントを得てきました。
覚醒時の生活でも、「夢を実現する」という姿勢は誰にとっても大切なはずです。
 
そして6年前に私が脳幹出血で異世界に行ってきた経験は、今人生で最もゴージャスな夢を見た経験だったとも言えます。
 
ただし、いくら寝たきりから身体を起こして話ができるくらいにまで体調が戻ったからといって、異世界で自分が体験した内容そのままを語ってしまうと、単に精神錯乱者と捉えられて終わるだけ(笑)
 
そこで私は、講演会に少しずつそのエッセンスを盛り込むというスタイルをとっています。
 
6/10(金)19:00~の講演会
【この世の多次元化】では、最近の私の夢の内容やパラレルワールド認識の実例も多めに盛り込んだお話をします。
 
そして翌日の【インセプション上映会】では、映画鑑賞後に私が内容の補足説明をします。
 
 
人の意識活動にフォーカスをすれば、何次元に生きているか?なんて定義することにはあまり意味がないことだなぁ…と感じていただけるはずです。
 
6/10講演の動画配信は予定していません。
 
興味あるお方のご参加をお待ちしています!
 
 
 
講演会の詳細はこちら
2022年06月04日

【インセプション】上映会

「意識活動と物質肉体活動は紙一重の差である」ということを描いた映画作品を皆で観た後に、石井が解説をします。
 
夢と現実の境がなくなりそうな時は誰にでもあるわけですが、実にそれが人の本質に迫っているだけなのです。
 
達観しながらも人生を楽しみたいお方は、6/11の13:00にぜひお集まりください。
 
 
後ほどアップしますが、この前夜6/10(金)19:00~には 
講演会【この世の多次元化】を行います。
 
どちらも内容的にはリンクしています。
 
どうぞお楽しみに!
 
詳細はこちら
2022年06月03日

ここ30年の地球の変化

上京したばかりの頃、高尾山に登ったことがありました。
 
登山とも呼べないピクニックコースみたいなものですが(笑)
6年前に一度は全身麻痺の寝たきりとなった今の私にとっては勇敢なチャレンジです。
 
すると、上京した二十歳頃の自分の感情が次々と想い起こされました。
 
その頃、田舎では両親がまだ生きていて、大学進学もせずに上京した息子の意図を全く掌握できずに困惑していたのでした。
 
親に対して自分が無意識的にしていたそんな親不孝への罪悪感もあったせいか、帰宅後の夢では母親が登場してきました。
 
今この世にいる人物に紛れて母が自然に登場していたので、「そういえば母親が他界してから既に15年くらいが経過していた」という事実を認識するのに数分はかかりました(笑)
 
それくらいリアルな体験だったということです。
 
旧世紀は「この世」と「あの世」が完全に隔絶されていたのですが、
21世紀では肉体存在と非物質存在は大差なくなってきているのでしょう。
 
来週6/10(金)の19:00~
【この世の多次元化】と題する講演を行います。
 
只今進行中のアセンションとはどんな現象なのか?
それを解説する講演だと捉えてくだされば結構です。
 
詳細はホームページとネットショップにて再度告知します。
 
6/10(金)の講演会と6/11(土)の映画観賞会を連日で開催します。
どちらも同じテーマだからです。
 
アセンションとは、過去の話ではなく現在も進行中です。
 
私はそのことを皆さんに理解していただきたいのです!
3人、木、雲と山の画像のようです
 
2022年05月31日

スピリチュアルTV『お参り』配信されました

本日の「スピリチュアルTV」では、誰もが非物質世界にアクセスしている事実を解説してみました。
誰にとっても楽しみながら学びになるはずです。
設定変更でご自由に再生スピードをお好みに調節してご視聴ください!

2022年05月28日

岡ちゃんの【宇宙法則の会】に出演した様子が動画でアップされました。

おかちゃんの「宇宙法則の会」に私がゲスト出演したときの講演の様子を、おかちゃんがユーチューブにアップしてくれました。
 
私のように無名な人間の話であっても、素晴らしいと感じたのなら話をする場をすぐに設けてくれ拡散までしてくれるおかちゃんの深い愛にはとても感謝しています。
 
三次元の概念からは逸脱する人がこれからの地球からどんどん出現する…そんな流れを加速させるよう、これからも精力的に活動してまいります。
 
みなさま応援を宜しくお願いします!
 

2022年05月27日

『異次元の食料調達』

先週、私は出雲の神社巡りを複数人でしてきました。
私は昔から神社というもののエネルギーが苦手だったのですが、今回はそれをトコトン体感せよと宇宙から言われたような展開でした(笑)
 
私が元々感じていた、神社というものが存在している意義をテーマにして今晩は講演をします。
 
お仕事が終わってからでも参加できるよう、
19:00スタートとしています。
 
神社というものについて「なるほど~」と思えるお話をすることとなるでしょう。
 
ピンときたお方のご来場をお待ちしています!
 
講演会の詳細はこちら
2022年05月24日

講演会【人間関係】の動画配信

5/13日に開催した講演会の直後に出雲ツアーの予定が入っていたため、動画配信が遅れてしまいました。
 
三次元を超越した人間関係についてのお話は、アセンション時代の今となってもまだまだ貴重かと思われます。
 
ぜひとも人間の皆さんには学んでいただきたい内容のため、格安の料金設定にしました。
 
今までどこの大学の講義内容にもない斬新な内容です。
自信をもってお薦めします!
 
お申し込みはこちら
 
2022年05月24日

『講演会【異次元の食料調達】』

 
次回の講演会テーマは【異次元の食料調達】です。
 
人は三次元では野菜や果物やコメや肉などを食していますが、肉体がない場合はどうなるのでしょう。
 
次回の講演会では、神々が多く祀られているとされる地域を私が訪れて実感したことをテーマに講演をします。
 
「今は三次元にいるのだから関係ない」と思ったら勘違いですよ~
 
詳細はこちら
2022年05月22日

ニコ生に出演しました

昨晩はニコ生放送と同時に一部はユーチューブでも配信された、みちよさんの【ハートの部屋】特別番組に出演しました。
「ニコ生」は皆さんがリアルタイムでコメントできることが特徴らしく、視聴者のレスポンスを感じながら話せる貴重な経験ができました。
 
みちよさん、ご視聴いただいた皆様ありがとうございました。
前半30分はYouTubeでどなたでもご視聴いただけます。
 
後半はニコニコ動画に移っての配信となります。最初の15分は無料で、その後は有料会員に登録すると見られるそうです。
ぜひご覧ください!
 
・YouTube
スピリチュアルカウンセラーみちよ【シンクロニシティチャンネル】
・ニコニコ動画
スピリチュアルカウンセラーみちよ【ハートの部屋】
3人と屋内の画像のようです
 
2022年05月21日

スピリチュアルカウンセラーみちよさんの「ニコニコ生配信」に出演します

このあと19時からスピリチュアルカウンセラーみちよさんとYouTubeとニコ生のライブ配信やります。テーマは宇宙人トーク。
 
今は打ち合わせ中です。
 
私は非物質存在と打ち合わせしています。笑
 
ぜひライブでご覧ください!
 
視聴URLはこちら⬇
2人、座っている人と屋内の画像のようです
 
 
2022年05月21日

食物以外の糧

三次元の人間は、ほとんどの人が食料調達のために生きているようなもの。
 
ですから「肉体死ですべてが無になってしまう」と考える人も出てくるわけです。
 
エネルギーの摂取とはいったいどういうことなのでしょう。
 
そこで5/27(金)19:00~
このことを題材に講演会を開催します。
 
食物を欲するのは、3次元という特殊な存在形態に限ってのことなのです。
 
人間は、その3次元でさえも食物以外のエネルギーを摂取しているのです。
 
講演会の詳細はこちら
 
 
2022年05月19日

新たな番組に出演

【スピリチュアルカウンセラーみちよ】さんは、元々あれこれとユーチューブ配信をされています。
 
彼女はたまたま私が受賞をしたシンポジウムにもよく出演してきたらしく、半年程前から「石井さん、よかったら一緒にやりませんか?」とのお話をいただいていました。
 
そして明後日、一つの番組がユーチューブ配信からニコ生へと切り替える節目を迎えるそうで、それを機に私も一緒に出演する運びとなりました。
 
テレビにもネットにも決して明るくない私ですからよく解らないのですが(笑)、ここに貼り付けてある番組を皆さんでどうぞお楽しみください。
 
スポンサーに何かを言わされている要素もゼロの純粋な情報発信となります。
 
どうぞ宜しくお願いします!
 
【スピリチュアルカウンセラーみちよ】シンクロニシティチャンネル
https://youtu.be/JK5AxJLd0bs
 
2022年05月12日

祈り

祈りとは、世間一般では宗教的な行為かと思われていますが、実は人間関係における祈りは「期待」とは異なってとても大切な行為です。
 
明日13日(金)19:00からの講演会【上手な人間関係】において、いわゆる宗教とは無関係にその理由を解説いたします。
 
どうぞお楽しみに
猫の画像のようです
 
2022年05月11日

頭脳で考えるよりも

今の社会風潮として、頭脳で考えることが優れていることであるかのように皆が教育されています。
 
でも実際には、何も考えていないように見える人ほど上手く生きていたりするので、不思議に思う方も多いことでしょう。
 
実は、充分に感じている人ほど深くは考えません。
 
そのことをテーマにして13日(金)の19:00~ 講演会を開催します。
 
この話を聴けば、どうしてそれが人間関係につながるのかがよくわかるでしょう。
 
講演会と同じ金額の¥2,000の本を読むよりもきっと多くを学んでいただけると思いますよ~
 
詳細はこちら 
 
2人と立っている人のマンガのようです
 
2022年05月08日

講演会【宇宙人】の動画配信

先週に開催した【宇宙人】の動画編集が終わったので配信をスタートしました。
 
残念ながら皆さんの多くは、テレビやマンガや映画で刷り込まれた現実とはかけ離れた宇宙人像を想像していることでしょう。
 
その誤解を是正するための講演内容でもあります。
 
地球人の宇宙人化が課題となっている今を考慮して開催した講演会です。
 
どんな定義が宇宙人なのか…
 
興味ある方のお申し込みをお待ちしています。
 
詳細はこちら
2022年05月04日

古代文明は異次元

昨日の「スピリチュアルTV」では、古代文明を否定する科学者等が存在する理由を説明しました。
 
オカルトと呼ばれているような何かは、現在の科学が到達していないレベルの現象というだけ。
 
そのことを、私は皆さんにお知らせしたいのです。
 
時間があるときに是非ご覧ください!
 
 

2022年05月04日

人間関係の構築

特段な努力はしていないようでいて、誰とも深い人間関係を築ける人がいますよね。
その場合は違うやり方をしているのですが、本人には自覚がないケースがほとんどです。
 
そんな仕組みを解説する講演会を5/13(金)の19:00~ 開催いたします。
 
お仕事帰りにでもいかがですか?
 
自分が活用するかしないかは別として、必ず参考となるでしょう。
詳細はこちら
 
4人の画像のようです
 
2022年05月01日

講演会【上手な人間関係】

5/13日(金)の19:00~三軒茶屋で【上手な人間関係】と題する講演会を開催します。
 
勤務終了後でも参加ができるように時間設定をしました。
 
いつもは「宇宙人」とか「異次元」とかのテーマで講演をしている私が、こんな演題で話をするなんて意外とお感じかもしれません。
 
でも実を言うと、私は10年前まではスーツを着て「経営コンサルタント」との肩書で、お客様(法人)の社員育成を職業としていました。
 
お客様が社長であった当時なら、「石井さんは何やらスピリチュアルなことを話している」と社員に思われたのなら即アウト(笑)
 
よってその点では、法人ではなく個人を対象にしている今ならば言葉を必要以上に選ぶ苦労が以前ほどはありません。
 
より踏み込んだ人間関係のお話が可能です。
 
恋愛にも効果抜群でしょう。
 
異次元存在を活用した人付き合いは、何も特別なことではありません。
 
本人が自覚していなくても、元々それを上手くやっている人だけがこの世で成功しているのです。
 
私はそうとは気付かれないようにそこを調整することで、成果をあげてきたのです。
 
家庭でも職場でも趣味でも、必ず役立つ講演会です!
 
数日以内にはネットショップやホームページにもアップしますが、日程だけを先にお知らせしておきます。
 
3人の画像のようです
2022年04月30日

特定の情報源

特定のマスター・経営者・学者・作家・宗教・企業・・・ 
それが特定の何であろうと、特定の情報源を普及させようと努めているこの世の人がいます。
 
それを好ましくは思わない人もいることでしょう。
 
よくも悪くも、人によって個性があるということがこの世の面白さですが・・・
 
その反面、個性の相違はこの世の厄介さでもあります。
 
ならばあの世の人なら大丈夫かというと、地上の肉体人間に興味を抱いている時点で地上の人間と大差ないというケースが残念ながら多いです。
 
3次元組織トップの多くが、カネや利権を得るために部下に「ああしろ!・これはするな!」と指示するように、その非物質存在の自己実現のために人間を動かそうとして言葉を降ろしてくるのが低級の神です(本人は低級だとは言いません!笑)
相手の存在の波動が高くなるほどエゴが少ないため、自らを名乗らなかったり肯定も否定もしてきません。
 
「そのままではこういうことが起きるであろう」とか「あんなことを進めるとよい」等と抽象的な内容を進言してくるし、それは他人ではなくて高次元の自分自身だったりもします。
 
具体的な通信内容でも、始めは何の意味かを告げてこなかったりします。
 
それらは「神のお告げ」なのか、「ガイドの導き」なのか…
いずれにしても強要をしてこないのは、人間の自由意思を尊重しているからです。
 
この世でもそうですが、他人をコントロールしたがる場合ほど「○○をしなさい」「○○はするな」といった命令になるのです。
 
人間には、成長する自由と同じように停滞する自由・堕落する自由もあるのです(笑)
写真の説明はありません。
 
2022年04月30日

講演会【宇宙人】は無事終了しました

28日(木)18:30~の講演は、おかげさまで遠方からお越しくださったお客様からも「来た甲斐があった」と言っていただけたので何よりです。
ありがとうございました。
 
個人的な質疑応答の時間が長くて編集が必要なのですが、全身麻痺からリハビリ中の私に代わって編集作業をお願いしているスタッフも連休中のため、動画配信は来週中の販売に向けて準備いたします。
 
しばらくお待ちください。
 
マンガのようです 
2022年04月28日

世代をつなぐ

地球の三次元文化は実に希少です。
その希少性を維持するためにも、ここ一万年ほどは異星や異次元の情報を基本的に隠蔽してきたことに意義はあったでしょう。
 
しかし今は、宇宙人が地球人の子供として既に生まれてきてしまっています。
 
地球人の大人だけが低知性のままでは支障が出るのは当然です。
 
でも、それは大人が肉体死を迎えることで数十年以内には自然と解決するでしょう。
 
私はその過渡期であっても未来の希望の芽を潰したくなくて、旧世紀に洗脳されてしまった大人の再教育を実践しているのです。
 
今夜の18:30~ 世田谷区の「三軒茶屋」駅から徒歩数分の会場です。
地球の未来に関心のある方はぜひご参加ください。
 
講演会の詳細はこちら
 
2022年04月27日

生存形態の分離

今回の地球文明の特殊性を説明しますと…
肉体で生存している間は多くの人間が霊を怖れるか霊を否定します。
 
でもいざ肉体死を迎えて霊体だけの存在となると、今度は肉体での生存を願って物質次元に干渉をしたり、またすぐに自分が肉体で誕生をする計画を立てました。
 
一万年以上も地球では多くの人がその繰り返しで遊んできたのです。
 
しかし、数万年前までの地球人は物質肉体と非物質エネルギー体とのバランスが保たれている知的生命でした。
それが宇宙人です。
 
要するに、霊を認識できないのなら宇宙人だって認識できないのです。
 
詳しくは明日の講演会で解説します。
 
写真の説明はありません。
2022年04月26日

講演会『宇宙人』

例えば北朝鮮は、他国の事を一切正確には報道せず、自国と総書記の素晴らしさだけを必死に報道しています。
実態を知ってしまった人から順に亡命するか、統治者を殺すでしょう。
 
ばれたのなら、いずれにしても国は消滅します。
 
これが地球を統治してきた存在のやり方です。
 
宇宙人は「存在しない」とか「恐ろしい」とか思い込ませることで、地球文明を低レベルな星に留めて統治できるように努めてきました。
 
本当はかつての地球人も、動物ではなくて他の星と同じくまともな宇宙人だったのです。
 
しかし、ついに地球総書記(笑)の統治時代は終わり、これからは地球人も高度な知的存在への復活を遂げます。
 
明後日の講演会【宇宙人】はその概要説明です。
 
一万年以上も隠されてきた真実を石井が堂々と語ります。
 
 
 
詳細はこちら
2022年04月26日

三次元の皆さんへ

この世界にいる誰もが、元々が三次元よりは高次元の存在でした。
つまり、少なくとも肉体死を迎えれば誰だって元に戻ります。
肉体よりは高次元存在だったあなたは今でも常に存続しています。
 
それが「ハイアーセルフ」とか「天使」とか「ガイド」と呼ばれている存在です。
 
宇宙人とは自分以外の何かではありません。
 
 
地球人だって本来は宇宙人なのですが、ここ一万年強はそのことに気付かれないようにあの手この手で洗脳されてきただけです。
 
地球人からその洗脳を解く時期が訪れたのですが、まずは怖れないで理解をしましょう。
 
明後日の講演会【宇宙人】で語る内容は、これからの時代には性教育以上に大切な教養となります。
 
小規模での開催ですが、参加定員はまだ大丈夫です。
 
 
講演会の詳細はこちら
 
2022年04月25日

同類との出会い

シンポジウムメンバーで飲み会をやりましょう!ということでお誘いをいただき、職場での飲み会ではあり得ない話題が中心の会となりました。
 
数万年前の文明と今の文明との比較や、3次元と異次元、日本と諸外国、地球と異星の関りについて等々、元々の自分の興味事項を普通に話せる人たちとこの世で出会えたのは、そんな発表の場に自分が参加したからこそ。
 
「自分の関心事を行動に移すこと!」
誰にとっても、これが三次元での存在意義でしょう。
 
数十年も肉体死が最大の関心事だった私でしたが、それは叶ってしまった。
 
もう次には他の事を行動に移しているのです。
 
いずれにしても大変なことを楽しんで実践している(笑)
4人と屋内の画像のようです
 
 
 
2022年04月25日

服装

私は、人が本来は非物質であると解り始めた頃から肉体を飾るファッションに投資したことがありませんでした。
 
ところが着物に興味のある方々から「石井さんには和服が似合う!」とか言われてしまい、和服の物色に同行させられました(笑)
 
確かに、社畜でも国畜でもない私には制服が何もないから「講演会に着るものがない。どうしよう…」と常々感じていたのでした。
 
すると、日本人としてではありませんが自分が似たような服装をしていた記憶が甦ってきて面白かったです。
 
しかし、靴がスニーカーや革靴ではあまりにもマヌケです。
 
脳幹出血の後遺症で普通に歩くことも難しい今の肉体でどうしたものか?
 
ここには身体の不具合も楽しんでいる自分がいました(笑)
1人、立っていると屋内の画像のようです
 
2022年04月24日

どこに住んでいても

去年、SNSでとある無名人の絵画を見かけた私は「今はこの世にいない○○氏(中世ローロッパ)の知性を感じる」と本人に伝えたところ、「同じことを伝えてきた他県の方がいる」と聞きました。
 
双方とも私はまだお会いしたことがなかったのですが本日は、身体が悪くて移動が難しい今の私の住所から徒歩数分の会場で初めてのスピリチュアルイベントがあり、絵を見て私と同じ高次存在を知覚した方と初めてお会いしました。
 
彼は、平日は会社勤務をしながら週末を使って日本各地に霊性を普及させる活動をしています。
 
 
日本という国を舞台にして地球の高次知性が活躍している現状を語り合う、貴重な機会が持てました。
 
肝心の高次元存在から絵を描かされているアーティスト(霊能者)は今年中には個展を開く準備を進めており、私も積極的に関わるつもりです。
 
 
知性とは霊性でもあることを、私は今の地球3次元の皆さんにお伝えしたいのです。
 
本日は、そんな私を応援してくれている宇宙のサポートを実感する一日でした。
2人の画像のようです
 
2022年04月20日

真実は自分の感性で入手する

歴史とは、後世の人を制御するために創作されます。
すなわち、文献や遺跡などの人工物は創作者の意図でしかありません。
 
 
そこに悪意がないとしても誰もが理解できるような比喩となっているか、暗号を解ける人にのみ伝えることを目的に謎解きのように創作されています。
 
 
 
日本という国は出雲から発祥しているのですが、真の歴史は誰も理解していません。
 
 
文献や物質的な遺跡に依存すれば自ずとそうなります。
 
 
そこで、真相を肌で感じ取るためのツアーが企画されました。
多くの古代史研究家が見落としていたような史実を共に体感してみませんか?
 
イベントページを貼付しておきます。
 
教科書に載っているのは偽りの歴史であると確信できるツアーとなることでしょう。
 
 
詳細はこちら
 
2022年04月19日

スピリチュアルTV『呼吸』配信されました

ぜひご覧ください!

2022年04月16日

出雲ツアー情報

私は、現代人が歴史的文献や遺跡によって憶測している「建前の歴史」には興味がありません。
 
だからこそフィールドワークは重要なのですが、若い頃からの旅行嫌いも手伝ってこれまではほぼ仕事での出張だけ(笑)
そんな私でも何年か前からは「出雲には行かなくては…」と感じていたら、そのタイミングが来ました。
 
ご一緒してみたい方、ぜひイベントぺージをご覧ください。
 
2022年04月14日

新しい人生の認識

最近、睡眠中の私の夢には質の変化がみられます。
6年前、脳幹出血によって空中遊泳をした後に体験した世界観に似てきているのです。
 
原則として、夢の中ではこの世界に存在する人間には出会いません。
 
エジプトのピラミッドとは、肉体死後世界を体験してこの世界に戻ってくるための施設だったようです。
 
現在の地球は、数万年ぶりにそれを実現できるヴァイブレーション(周波数・波動)に突入しているということです。
 
肉体死という概念を受け入れずにとにかく肉体死を回避させることで、ここ数千年の人間社会の営みは成立してきました。
 
相手の破壊と殺戮(軍事)が最も強大な産業で、主なテクノロジーはそのために開発されてきたのです。
 
肉体生存を最優先させることから、騙しや脅しや金儲けが実現していたわけです。
 
金銭報酬を得るために自分の日々している仕事が宇宙や地球や人類に貢献していると実感している人は、これまでの地球人には稀でしょう。
 
多くは自分と家族の肉体生存を優先するために、不本意な何かにも目を瞑っているというのが実態です。
 
論より証拠、10億円を入手できたなら今の職業は止めるのではないでしょうか(笑)
 
これからの地球人は、金銭報酬とは無関係に取り組むことが仕事となりつつあるのです。
 
そうだとすればあなたの仕事は何でしょう。
 
そこには人生の指針が見えてくるはず。
テキストの画像のようです
 
2022年04月13日

講演会【宇宙人】を開催します

私は幼少期から宇宙人との交流がありました。
しかし小学校・中学校・高校と進学するにつれて、地球の皆さんがイメージする【宇宙人】が私の経験とは異なっていることに戸惑いました。
 
私からしたら、周りの地球人こそが特殊な異星人だったのです(笑)
 
どうしてそのような事になっているのか… ようやく理解できたのは30歳頃でした。
 
そこで次回の講演会のテーマは【宇宙人】です。
 
宇宙人はいるのか?いないのか?
 
などの論議が成立しているカラクリを解説します。
敢えて連休前の平日夜に開催します。
 
お仕事を終えてから、スッキリとした気持ちで連休に入るというのはいかがでしょう。
 
詳しくはこちら

過去の投稿

  • 2022年6月 (20)
  • 2022年5月 (16)
  • 2022年4月 (26)
  • 2022年3月 (17)
  • 2022年2月 (22)
  • 2022年1月 (14)
  • 2021年12月 (7)
  • 2021年11月 (17)
  • 2021年10月 (16)
  • 2021年9月 (26)
  • 2021年8月 (40)
  • 2021年7月 (37)
  • 2021年6月 (38)
  • 2021年5月 (39)
  • 2021年4月 (38)
  • 2021年3月 (28)
  • 2021年2月 (36)
  • 2021年1月 (32)
  • 2020年12月 (30)
  • 2020年11月 (21)
  • 2020年10月 (10)
  • 2020年9月 (9)
  • 2020年5月 (1)
  • 2020年3月 (8)
  • 2020年2月 (8)
  • 2020年1月 (7)
  • 2019年12月 (8)
  • 2019年11月 (17)
  • 2019年10月 (19)
  • 2019年9月 (30)
  • 2019年8月 (29)
  • 2017年5月 (6)
  • 2017年4月 (5)
  • 2017年3月 (6)
  • 2017年2月 (6)
  • 2017年1月 (4)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (2)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (1)
  • 2016年5月 (2)
  • 2016年3月 (1)