お知らせ

時の経過は錯覚
2021年08月04日

時の経過は錯覚

誰が早い、どこが遅い、彼女が先、彼は遅れをとった…

この世は、過去から未来へと一直線に進んでいる時間というものが最大の特徴であると認識されていますが、実は時の経過とはこの世に存在している間だけの錯覚です。

この世ゲームを面白くしている要素でもあるので、種明かしをしてしまうのもどうかという気持ちも私には少しあります。

 

でも、その錯覚がこの世の大きな弊害となっているのも事実ですので、軽く説明をします。

 

ヨーロッパにいた野蛮な種族が物質面だけで発達をして、航海技術で世界を植民地化していた時期がありました。

アメリカ大陸という所に、霊的には発達していて物質の地球とも霊的存在とも調和を取って暮らしていた愛の種族がいました。

 

そこに霊性の低い野蛮な種族がやってきて、皆殺しにして文化も破壊して物質だけの建国をしました。

「我々が発見した大陸だ」というわけで、アフリカから黒人を連れてきて開拓を手伝わせて家畜以下の扱いで奴隷売買までしました。

 

「私たちが先に開拓した」とすることに意味があるから、既成事実であるかのようにあれこれと捏造もするわけです。

 

旧世紀になって月の開拓を始めました。

ところが困ったことに、地球よりも進化している異星人や宇宙船が既に大量に飛び交っていて、地球から見える月の裏側や衛星内部には大昔の巨大な基地や街までありました。

 

「これでは地球人を誤魔化しきれない」というわけで、月の探索そのものを打ち切りにしました。

日本にも「かぐや姫」物語があるくらいだから当然で、月とは歴代のあらゆる異星人が利用してきた拠点衛星だったのです。

 

しかしあの世に還れば先も後もありません。

肉体死の直前に走馬灯のように人生を振り返るとはよく言われますが、私はあの世に完全に入ってしまったので、何十何百という自分の人生を経験しました。

軽く数万日分は経験したでしょうが、この世の肉体昏睡期間では数日です。

 

先だった・後だった、長生きをした・早死にだった…

非物質の人にはどうでもよいことです。

 

この世にいる人間に「時間とは錯覚である」と説明するのは本当に難しい(笑)

なんとなくでも解れば、非物質の人に近付いた証拠でしょう。