お知らせ

異次元は普通のこと
2019年02月10日

異次元は普通のこと

5、6年ほど前、今の妻と知り合った頃、巨石がある(大抵は墓だとかいい加減な説明がなされています)神社に興味があり、近所にもあったのを調べ出し、一人山奥を車で走って見に行った事がありました。

 

そこの説明書きを読むと、なんと当時私の引っ越したばかりの近所にも知られていない神社があり、そことの関連性が記されていたのです。なんでも天竜川という氾濫することで有名な川が近くに流れているため、都のあった西から東へと権力を伸ばせる人が出てこなかったのだが、龍の妖精と恋に落ちて異次元とのハイブリッドを育んだ将軍が出てきてから治水が進んで都が東に移ったとなっています。

 

なぜかビビッときてしまった私はそこに祀られている像を見に妻を連れていったのです。木彫りの像でした。人間の女性に見せているけど頭に龍を被った明らかに人間じゃないその像は妖怪みたいなものです。すると驚いたことに彼女は大粒の涙を流して「透明の珠をさずかった」と言ったのです。

 

ウケ狙いで言っている様子は全くなく真剣で、私も「ああ、子供を授かったのだな」と直感しました。3年前に人間としての妊娠が発覚してコイツが生まれた日に、私も脳幹の動脈が破裂して小脳がダメージを受けて明らかな死に損ないとなりました。だけど死後の世界で経験してきたことは記憶に鮮明です。

 

神話のような作り話にならないように細心の注意を払わないわけには行きませんが、せっかく得た経験や知識を無駄にせず活用できるよう努めています。