お知らせ

2020年11月17日

百年単位の記憶があったとしても、本来それは特殊能力ではありません。
 
意識しなくても食物を消化吸収できたり糞尿をストックできたりするのと同じく、元々は人に備わっている能力なのです。
 
ところが、胃腸の機能に喩えるとするならば、ほぼ全員が3歳頃に拒食症や下痢や便秘になってしまい、それが標準となってしまうのです。
 
訓練による左脳だけの発達が左右バランスが取れた脳の発達を阻害しているため、脳機能障害が起きることが標準なのです。
 
ですから皮肉なことに、左脳が未発達な人の方が左右脳のバランスが取れる確率が上がります。
 
左脳が未発達な方が、音楽や美術や霊能力を発揮しやすいという意味です。
 
たまたま私は意識不明の重体を数日経験した後、糞尿も制御できない乳児のような半覚醒状態を数年経験したため、今文明での僅かな記憶を取り戻すことができたようです。
 
本日、中世のイタリアを舞台にした映画作品を観たところ、馴染み深さや懐かしさを感じる場面が続々と出てきました。
 
今の子供の教育システムは、人の能力損失があまりにも大きすぎるのです。
 
(能力を損失した大人が考案したシステムだから、当たり前!笑)