お知らせ

2021年09月18日

飼い慣らし

牧場の柵をこじ開けて脱出をする個体は稀です。
 
大抵の家畜は柵から出たいとも思わずに、もし柵が一部解放されても見るだけで脱走はしません。
 
 
そのようにして皮を剥がされて食肉となる選択をするのが普通の家畜です。
 
 
 
お注射をされるとどうなるのを知ろうともせず、2回も3回も打つとしてもその人の自由です。
 
 
 
求められてもいないのに情報提供をすれば単なる押し付け。
それは大きなお世話です。
 
 
明日の私の講演にお越しくださる方々なら情報を提供してほしいのでしょうから、投稿しないような内容もお話しするでしょう。
 
 
日本では誰にも選択の自由が認められているのです。
 
 
 
講演会の詳細はこちら