お知らせ

2021年08月09日

非物質存在に委ねる

頭脳で考えるということは、ロボットがプログラムされたことを実行するのと同じです。
 
 
それに気付いたのは、素晴らしいと感じる創作をした人は決まって「一瞬で閃いた」とか「自分の身体を神の一部としている」などと話していたからです。
 
 
 
私は音楽に傾注していたので判り易い話をします。
 
 
譜面の読み書きもしないし音楽理論も全く知らない人が、直感から湧き出るままに創った曲には名曲が多い。
 
 
音楽大学を出て理論に強い人が作った曲は聞いていてすぐにそれと判ります。
 
 
考えて作っているので、誰の何を参考にしているとかがすぐに憶測されるだけで何も感動しません。
 
 
もうおわかりいただけましたでしょう。
 
 
頭脳は模倣をするためのパーツで、ハートは創造をするパーツなのです。
 
 
学校教育とは人間を機械のようにコントロールするためのもの。
 
 
直感や良心とは、心が非物質情報を受信している信号です。
高学歴な人ほど創造性に乏しいのはそれを目的としているのだから当然の結果です。
 
 
創造的な人には義務教育でさえも苦痛となります。
 
その事に気付き出す人が今の調子で増えれば、人間社会はもの凄い勢いで変わります。