お知らせ

2021年02月27日

睡眠の謎に少し迫る

不眠や睡眠不足がいかに体調を崩すのかは誰もが知るところ。
しかし睡眠のメカニズムを説明できる医師も教師も実はいません。
 
「どうしてお腹が空くのか、どうして性交がしたくなるのか」の説明なら物質肉体の特性として教える人はいます。
 
ところが睡眠とは非物質の自分が欲している行為なので、せいぜい肉体の現象を説明するぐらいです。
 
私は脳幹出血で身体のほぼ全機能を失ったので、全身の各部位を創り直すために4年以上を費やしてきました。
 
去年は最後の修復になった腎臓の番でしたが、どの部位も完全な修復ではないし、これからも不完全な肉体と折り合いをつけて生きて行くしかありません。
 
治療法がこの世にはない不具合の場合、
あの世からチャージするしかないのです。
 
説明がつかないから「奇跡」との言葉を使う人もいます。
 
私は高校生頃から一日一回3~4時間睡眠でした。
 
それがここ4年以上は8時間くらいの睡眠時間を要したのですが、最近はまた5時間くらいで自然と目覚めるようになりました。
 
各パーツの精度は低くてもおおよそ創り終わったのですね。
赤ちゃんも毎日ほとんどの時間を眠っているのは身体の多くを創る必要があるからです。
 
 
 
「睡眠と栄養しか治療法はない」なんて昔は言いましたが、地球でも地域によっては一週間以上の断食が健康法だったりします。
 
実は栄養摂取にも大きな誤解があるのですよ~
営業妨害はこの辺までに(笑)
写真の説明はありません。