お知らせ

2016年07月02日

多彩なセンスや価値観を養うコツ

2016年も後半に突入! 

その経過スピードに驚かれている方も多いことでしょう。

 

長年、「宗教」「トンデモ話」として邪険に扱われがちであった【意識世界】に重きを置くことで、直線時間軸とは絶対的なものではなく相対的に伸縮して感じられる…つまり、直線時間とは三次元特有の「物質世界観が創出している」という最先端科学の仮説を実感しはじめている人が増えているのでは?

 

『過去も未来も同時進行している』『本来は「今」しか存在しない』等の言葉を聞いたり目にしても、大人になってからではなかなか受け容れられないものです。

 

幼少期にはそれが当たり前だったにもかかわらず、です。

 

そこで今回は、どうしてそうなってしまうのかの説明を試みます。

一般的に、中年以降ともなると皆が「近頃の若者は…」と感じる傾向になるのはナゼなのか?の解説にもなります(笑)

 

人の感性は若い時ほどフラットです。

閉じた物質世界に「赤ちゃん」として生まれてきた直後は、誕生前にいた時空を越えた意識世界での開いた感覚が残っています。

ですから乳児は皆、大人には見えないものや聴こえないものを見て聴いて、笑ったり泣いたり反応しているものです。

話が通じる頃になると大人に不都合な事は否定されはじめ、大人に好都合な事を教え込まれはじめます。

 

そんな刷り込みは「教育」の名の下での進学や、親や教師等の社会人観察を通して加速し、皆さんが成人する頃には既に洗脳がほぼ完了しています。

 

時代や地域によってまちまちですが、家庭環境や学校教育を中心に刷り込まれてきた価値観やセンスを「善し」とし、そうでないモノは「誤り・おかしい・悪」として捉えることが普通になってしまいます。

 

つまり、自分が洗脳されてきた以外の価値観を排除すべく見事な努力を継続するのです。

 

そのくせ洗脳慣れはしているため、大人になってからでも所属組織やマスコミから大量の情報シャワーを継続的に浴びると、すっかりその術中に嵌ってしまいます。

 

良くも悪くも近年の社会システムがこんなに歪んだままでもそれなりに続いてきた最大要因です。

 

それでも、たまには洗脳されない人が出てきます。

「何らかの障がいがある」「貧困で教育を受けられない」「落ちこぼれた」等の理由で規格外と見なされた人達です。

 

そんな人は本来の柔軟性を維持できるため、人生後年で大きな充実を得たり、社会変革の引き金となったりする可能性が高いのです。

 

どうでしょう。お気付きになりましたか?

常識的な大人の多くは、宇宙には無数にある美や悦びの中から、敢えて比較的醜悪な一側面だけを人生の信条とし、究極の閉じた世界観で暮らしているのです。

 

それ以外の価値を否定するためには途轍もない犠牲すら払う…その集大成が戦争です。

 

これらの愚行が肉体死後も永続する意識体を混乱に導き、更なる地上世界の混乱に寄与するという悪循環を成立させてきたのです。

 

でも、結論は至ってシンプルです。「幼心に還ることの大切さ」ですね。

 

直線時間の錯覚における多くの過去生や地球に来る前の星の記憶を思い出し…ではハードルが高すぎるかもしれませんが(笑)、今生の幼い頃の感覚を取り戻すだけでも、だいぶ世界が美しく見えるようになります。

 

誰もが、幼児期には小さな生物や植物を目にするだけでも宇宙の美や神秘を感じていたはずです。

 

常に好奇心いっぱいで一瞬一瞬が魅力に溢れ輝いていた。過去の後悔や将来への不安とは無縁、損得勘定で行動していたはずもありません。

誰かを貶めるなんて、発想すらなかったでしょう。

 

たまたま刷り込まれてしまった今の自分の価値観を否定しなくてもよいのです。

 

もっともっと多様な価値観・世界観・宇宙観、多彩な美的センスが存在することを知り、そしてそれもまた否定しないことです。そんな寛容な姿勢で生活していれば、これまでよりもしっくりくる思考や生き方が自然と見えてくるのではないでしょうか。宇宙や人の意識とは実に精妙で奥深いもの。

 

故に「そうだ、これこそが絶対唯一の真実だ!」と早合点して、短絡的に急旋回しないことも大切なのです。