お知らせ

2021年06月06日

マカバ

この世では多くの人が骨格・筋肉・脂肪・皮膚などで人を識別しています。
 
低次元でしか物質の肉体はありませんから、他界をすれば「ライトボディ」直訳して「光の体」となります。
 
そのライトボディは幾何学形状ですが、そこで色々な種別が出てくるのです。
 
幾何学形状の人(光の体)、非物質の人を「マカバ」と呼びます。
 
一般的には「霊魂」ですね。
 
エネルギー体である人のどんな形状にどんな意味があるのか等をここで説明すると、スピリチュアルな書籍にありがちな内容となってしまいます。
 
現代は人間という名の動物としか捉えていない人が多いですから、まずは人がそのような非物質存在であることを誰もが認識するところからのスタートです。
 
この世でも人を光として捉えている人は僅かに存在していて、そんな人は相手のことを調べなくとも多くを見てとれるわけです。
 
でも「霊能者」とかのレッテルを貼られてしまうことを嫌い、隠している人がほとんどです(笑)
 
写真の説明はありません。