お知らせ

2021年03月21日

チャネリングなんて…

私は高校生の時に「現在も肉体で生きている人間の発する情報には価値なんてない!」とさっさと見切りをつけ、そこから10年程ほぼ全てのチャネリング本や霊言本を買って読みました。
 
(少なくとも80年代は図書館には全くなかった)
 
それらの内容を私が吟味してきた結果をここに書きます。
 
人とは原則が非物質エネルギー体ですから、操る肉体を捜している霊は呆れるほど存在しています。
 
アル中もギャンブル依存も強姦も盗みも殺しも政治も宗教も医療も科学も、犯罪的な行為ほぼ全てがチャネリングの結果なのです(笑)
 
チャネリングとは憑依現象のことですが、その人が何に憑依されるのかはチューナーの性能次第。
 
質の高い受信ができる人ならば、チャネリングなどしなくても質の高い発信をするわけで、チャネリングを高尚な何かだと思い込んでいる場合の99%がただ肉体が操り人形になっているだけ(笑)
 
しかし質の高い情報発信をしている人も、僅かではありますがこの世に存在しています。
写真の説明はありません。