お知らせ

2021年07月07日

エネルギー源

人間のエネルギー源と言えば飲食物を連想する人が多いでしょう。
 
現文明における代表的エネルギーなら【石油・ガス・原子力・電力】等があがります。
 
宇宙にはフリーエネルギーが充満しているにもかかわらず、敢えて危険で有限なエネルギー源に依存している・・・
 
よくも悪くも、これが地球の特徴です。
 
人の主要な存在形態である非物質世界にもこれは当てはまります。
 
銀河系に隈なく溢れている愛のエネルギーを素直に享受しないで、少なくともここ数万年は地上の人間が発するネガティブ感情をエネルギー源としてきました。
 
家畜の生産性を上げるなら【乳を多く搾り出せるよう改良する・食材として肉付きをよくさせる・刈り取る毛を大量に生えさせる工夫をする】等があります。
 
地上の人間から、いかにして【苦しみ・悩み・悲しみ・怒り・怨み・絶望感】等のネガティブ感情を引き出せるのか・・・
それが長年のテーマでした。
 
カースト制度とはその典型です。
 
日本でも年貢取り立て虐待を筆頭に、庶民の首を庶民に切らせるとか、ネガティブ感情を巧みに引き出してきました。
 
それら非物質の首謀犯と手下たちは近年地球から追放されたようですが、まだ物質の残党が少し地球に影響しています。
 
よってしばらくは地球のネガティブ要素が噴出するでしょう。
 
膿を出し切ったその先には宇宙普遍の愛と平和の実現、異星との交流が待っています。
 
その予兆として、宇宙の愛のエネルギーを享受しはじめた地上の人もチラホラ散見できる今日この頃です。
ジュエリーの画像のようです