お知らせ

2021年07月25日

ウォークイン

5年前までの私はウォークインではなく、母親が妊娠をした胎児からの肉体地球人として誕生をしました。
 
それにしても、10代からの他界衝動を抑え込んでこの星の文化風習に耐え、無理してまで肉体で生きて何がしたかったのか…
 
当然、自分自身でも瞑想やヘミシンクを習慣にして異次元からの情報収集に努めました。
 
霊能力者が魔女狩りで抹殺されなくなってきた近年では、この世にもそのヒントをくれる人が存在します。
 
十数年前にドンピシャのアドバイスをくれた女性がいました。
 
その方に会ったことはなく遠隔リーディングだけでしたが、詳細レポートを文書でくれたので大変参考になりました。
 
当時、母親は他界をしていましたが父親はまだこの世に滞在していて知的障害者の弟もいましたから、私が世捨て人みたいになる事は許されませんでした。
 
7年前頃に父が他界をしてくれて、弟の後見人も弁護士が指定されたので私は安心し、知り合ってすぐの霊能者と結婚までしました。
 
私の初めての子供を妻が出産した当日に私はあの世に逝きました。
 
臨死体験ではなく、正規の肉体死体験をしたのです。
 
今の身体には、倒れる以前とは異なる非物質の私の別部分が入っています。
 
入れ替わったのが他人では無くて自分自身ですから、倒れる前の肉体で経験したことの大半は記憶しています。
 
ただ、はるか遠くの記憶に感じるだけです(笑)
 
そんな「ウォークイン」もあるのだ、という雑学でした。
 
肉体再利用型のエコな転生輪廻と言ってもよいかも(笑)
 
※写真は、私があの世に訪れていた隙に生まれた息子と私の昨日の姿です。
こどもと立ってるの画像のようです