お知らせ

2021年08月03日

ウィルス

一年半も騒がれていながら、その存在の有無自体が事実なのか、生物兵器なのか、自然発生なのか、未だに何も解からずに地球の人間社会は翻弄されています。
 
近年までジャンクDNAとされてきた意味不明のDNAが、実はウィルス感染の古傷であるらしいことが判ってきました。
 
何故か日本人は今回のウィルス免疫があるらしく、流行に便乗して死亡したことにした人はいますが、実際の日本人はインフルエンザにすらかかりにくくなっています。
 
 
しかし世界中では死人がポロポロ出ている現実があります。
 
遺伝子情報を操作する物質の注入を、世界中で進行させている現状がどのような結果をもたらすのか…
 
日本人にも必ず影響してくるでしょう。
 
ウィルスの蔓延とは、物質人間の進化(淘汰)のために起きている現象であることは確実です。
 
 
「日本を中心にアセンションが加速する」みたいな文章を、10年前頃にどれだけ読んだことでしょう。
 
 
地上でのこのような展開を予想していた人はほぼ皆無だったはず。
 
2019年の末に、私は高熱と肺炎で外出中に倒れて救急搬送されました。
 
2週間ほど飲食なしであの世とこの世の狭間を彷徨っていました。
 
 
割と記憶はありますが、ほとんどがあの世での記憶のためこれまでは誰にも語ったことがありません。
 
 
武漢では既に始まっていましたが日本にはまだ名称すらない時期でしたから、私はインフルエンザ重症患者として投薬をされてしまったようです。
 
元々が脳幹出血で全身の機能低下をしていたところだったので、その副作用で腎臓の機能が絶賛悪化してしまいました(笑)
 
私はわざわざ元の病院に転送されて血液透析をするはめになりましたが、一年間で元の低スペック腎臓には戻れたので、今では血液透析はほぼなしです。
 
現在進行中の地球人類の激変を私は真っ先に経験してきました。
 
4年以上は旨く感じられなかったビールまで、ここ半年では旨くなっています。
 
全ては皆さんに肉体死を上手く説明できるようになるため、私はここ10年程はあれこれと実体験を積んできたのです。