お知らせ

2021年01月06日

この世では本当に身体も資本

4年半前に脳幹出血で重症となってから、立って歩けるように訓練はしたものの常に全身が痛く、
すぐに倒れてしまうリスクがあるため定期的に座って休憩をする必要がありました。
 
下の制御もできないから介護用パンツを常用、
それでも不安で障害者用トイレを頻繁に利用してきました。(小便器前では立てない)
 
今朝、5時間ほど眠ったら自然と目が覚めて快適でした。
倒れてからは初めてのことです。
 
5年以上前に購入した肌着等も残り僅かのボロばかりでしたので、
今世になってから初めて(笑)大量に買い出しに出掛けました。
 
するとなんと、電車以外では座ることもなくトイレにも寄らずに私が大きな荷物を手にして返ってこられたのです。
この身体ならば他界できなかった無念さを晴らせます!
 
健康体の時は「いつでも出来るであろう」との気の緩みもあり、何事も躊躇してしまいがち。
 
しかし、いざ出来ない身体となると沸々とあれこれやりたくなるものだから不思議です。
 
せっかく他界できても、すぐにこの世に出てくる皆の心理がよくわかりました(笑)
写真の説明はありません。