お知らせ

醜さの理由
2017年08月18日

醜さの理由

私は人間の欲求というものについて10歳頃から何かと不思議に感じ、自分のできる範囲で色々と検証してきました。大人になって皆さんが知る有名な話で「まずは生理的欲求を充たしてから…」ということは、おおよそ子供にでも体感からわかることです。

どんなに物事に夢中になったとはいえ「丸三日何も食べていないことに気付いた」とか「便意を催したが50時間は我慢できた」とか「溜め込んだ宿題を済ませるまで100時間以上睡眠をとらなかった」などという子供はいないわけです。幸い私は極寒や空腹に耐えなければならない家庭環境ではなかったため、贅沢な話それがどんなものかを知りたくなったのです。

そこで自分の生理的欲求の実験調査です。どこまで眠らないでいられるかを試そうとがんばって起きていても、いつの間にか眠っていて気付けば朝!何度チャレンジしてもこれは同じでした。

排泄も、トイレで用をたしてから「そういえば!」と思い出すくらい当たり前に身体が動いてしまいます(笑)。

空腹は多少制御できました。ボクシングのマンガに影響され「ハングリー精神を養う」などと無意味でアホなことを公言して、数日間飲み物だけで過ごしたことがありました。後で思えば学校の先生には「子供なのにいったいどんな給食も喉を通らないほどの悩みがあるのだ?」と勘ぐられるのも当然で、誰も居ない部屋に呼び出されて「忍耐力を鍛えている」などと釈明する私に怪訝な表情をしていた先生の顔が忘れられません。

暑さ寒さは慣れてしまえば最もなんとかなったように思います。単純に、子供は大人に比べて生命力が強いというだけのことかもしれませんが…(笑)

話を戻しますと「人間は生理的欲求を充たすことが第一だ」の部分については皆さん異論がないでしょう。実は例外もあるのですが、ここでは「肉体を持つからには原則そうである」とさせてもらいます。それから順次続くとされる「安全・社会所属・評価・自己実現などの欲求は、人によってまちまちである」というのが私の見解ですが、今回の話の趣旨はそこではないため割愛します。

私の言いたいことは「どんな人でも原則、生理的欲求を阻害されると醜さ満点の反応をしやすい」ということです。本能欲求に忠実に生きている人ほどそうなりやすいわけですが、わかりやすく言うと「間接的にでも食欲や性欲や睡眠欲を邪魔する行為には容赦ない」みたいなことです。

動物としての側面を持つのが肉体をまとった人間ですから、その方の普段の人柄がどうであろうとも、そこで急変してしまうのが悲しくも多くの肉体人間なのです。それが今の社会のしくみですと、お金を使って欲求を充たすことがほとんどですから、金儲けに響く勝敗や出世などの損得に絡むことですと、動物的本性がむき出しになりやすいのですね。

複数の動物が同じ獲物を咥えて引っ張り合っている姿が、経済競争の名の下に顧客獲得合戦をしている人間の姿とまんま重なるのです。現実は綺麗ごとでは済まされない、獲物をゲットできなければ動物も人間も生きて行けなくて当然だというわけです。

動物だけれども他の動物よりも複雑な手段を使って生理的欲求を充たし、歪みをとことん溜め続けるているのが人間でしょう。少なくともほぼ全員がそれを容認して参画しているから、維持できている人間社会のしくみです。そんな獣のような人間の行いを見ていると、醜さを感じずにはいられないのです。

そんなことを感じていたのら、この世界では弱者で終わって当然… この世界では、とんでもなく醜悪な人間が大手をふって活躍してきた歴史があります。でもそれは物質面での話です。人間と他の生物とでは非物質面に著しい違いがあるのです。

肉体生命維持のためなら、なりふり構わず必ず何でもする人間ばかりではありません。人間の非物質側面に皆が気付けば、物質人間社会だって大きく変容せざるを得ないと思うのです。

「私は宇宙人」だというあなたへ
2017年08月15日

「私は宇宙人」だというあなたへ

『美しい星』。最近映画化された元となった作品のようです。映画はだいぶ脚色された娯楽ものになっているようで興味がないのですが、原作は熟読してみたい!というわけで、私のお盆期間のお楽しみでした。

まずは「今から半世紀以上前の作品なのにスゴイ!」です。今でさえ自称常識人からはコメディの扱いを受けても仕方のない内容なのに、やはり三島由紀夫はかなり先を行っていた真理探究者なのだということだけでなく、それを作品として堂々と発表していた姿勢に感服です。地球人として生まれた複数の宇宙人の苦悩や葛藤を描いた作品ですが、この一点だけで作家人生を棒に振る可能性だって十分にあったでしょうに…

学校教育のおかげで読書なんて大嫌いになっていた私でしたが、これを中学生の頃にでも読んでいたのならどれだけ地球で生きることの参考になっていたことか、と思うと悔しくもあります。まあ、情報入手を模索しながら試行錯誤して不器用に年齢を重ねてきたこと自体に人生ゲームを面白くする要素があったので、読んだのがなるべくして今になったのでしょう。

思春期に陥りやすい、私も一度は通った道「自分は地球人じゃないからこの惑星に馴染めない~」的な感情を下手に刺激するぐらいなら、はっきり言って読まない方が良いです。私がそんな考えを実際どのようにして改めたのかを書いてみます。参考になる方がいらっしゃるかもしれませんから(笑)。

私は海や湖が好きで、身体を悪くする前はよく一人で釣りに出かけていました。独り大自然と向き合っていると、思考の枷が外れてよいアイデアが湧くことが多いからです。

ある時、私に釣られた魚が「自分は普段この海域にはいないんだ。たまたま変な所に迷い込んでわけもわからず泳いでいたら、今釣られてしまった」と言い訳したような気がしました。食材確保が目的ではないのでリリースしたにしても、そんな事情は無関係。釣られたことは釣られた、というのが事実です。

それと同じで、地球人に見える容姿で人間の生活様式を取り入れて暮らしているのなら「私は宇宙人だから」みたいな言い訳をしたところで何の役にも立ちません。明らかに宇宙人であることが地球人にも判る何かを提示すれば特例が生じるのかもしれませんが、ヒラメの大群にカレイが混じっていた事実が判明したところで、それが何?ですよね(笑)。

自分の特性が周りと違うことに早目に気付けたのなら、それはチャンスです。自分にはできても周りの人にはできない何かを磨けばそれが特技や職業となって、皆にも喜ばれるわけです。

でもその反対をやってしまう場合が多いのですよね、学校教育の害です。「皆にはできる何かが自分にはできない」という部分に焦点を当ててしまうのです。そんな事があまりにも重なると「本質的に皆とは種が異なるから」という口実に持って行きたくもなるのです。

何県民でも日本人です。つまり地球人はみんな宇宙人です。何県で働くにしても「私はこことは違う○○県出身だからそれができない」などという言い訳は通じないのです。

特定宇宙人の名誉毀損とならないようにするためにも(笑)、私は「何星人か」を重要視しないように努めて地球人をやっています。

誕生して死亡すること自体が人生の意味
2017年08月11日

誕生して死亡すること自体が人生の意味

「人間の生死にどんな意味があるのか」ということについて、いくら熱く語ったところで正解はないでしょう。存在する人間の様々な生き方のあらゆる視点から「だからこそ意味がある」と力説することもできますし、「はじめから意味なんてない。気付いたら生きてるんだから、無駄な事をつべこべ言うな!」という人も少なくありません。

私の見解は、この空間と時間という制約だらけの物質次元に肉体として登場して去って逝くわけですから、人間を肉の側面から見るのなら、この世界独特の縛りである「場所と時代」にはどうしても大きな意味を感じてしまうわけです。それは現代日本で言うならば「何年何月何日に何県何市で誕生して、同じく何時どこで肉体死を迎えたのか」ということになりますね。

昨年の今日、出産予定日の妻と一緒に救急搬送された脳幹出血中の私は、集中治療室で五感を順次喪失しながらも近くの病棟で産声を上げるであろう息子のことを想い、そのことの妙にしみじみ感じ入りながら意識を失って行きました。心肺停止を予測されながら、そこから1~2週間は植物状態でこの世とあの世の間をウロウロしていたわけですが、皆が仕事まで休んで霊を迎えるお盆と呼ばれる時期だけに、世界の境目が薄くなる時期でもあるのでしょう。

何はともあれ、息子は今日無事1歳を迎えました。その間私も同じく寝たきりからのリスタート。口以外からチューブで物質的栄養を摂取し、糞尿垂れ流しで奇声を発するだけの状態から、起き上がり・立ち・歩き・手指の使い方・口と舌の動かし方を訓練をするといった、同じプロセスを並行して成長した同志と過ごし、はや1年たったのです!

「この世に物質で出てきた屈辱とその克服のための模索は、肉体死まで続く上限のない課題である」そう以前から覚悟はしていましたが、まさか一つの肉体でこのレベルの学習をリピート体験するとは思いもよりませんでした(笑)。

肩車などはできないでしょうが、公園で軽いボール投げみたいなことはできるような身体を取り戻すように地味な訓練を継続します。

この話をここまで読んだ方なら、もうおわかりでしょう。

人間はどんな境遇であろうと、考え方と取り組み方次第で、全てが達成の喜びと学びの感謝へとすりかわってしまうのです。

次回の異次元リアリティ認識イベントは9/10
2017年08月10日

次回の異次元リアリティ認識イベントは9/10

第9回【高次元波動体験会】を、本日から丁度一ヶ月後の9/10(日)に開催いたします。

クリスタルボウル演奏による誘導ですと特に、よりリラックスした深い体験ができるとのことで近況は多くの皆さんに横になってもえるようギャラリースペースにフロアマットを広げての開催でした。次回は久々に地下サロンでの開催ですので、横になって堪能できる方は一部となりますが、実は座して寛ぐ方が異次元旅行らしい体験ができたりもします。

身体を横にして寛ぐことは誰もが原則毎晩しているわけですが、出先でも横になればやはり本当の睡眠になってしまう場合があります。睡眠中の夢に近いファンタジーを見聞きして還ってきても「それがこの肉体物質次元にどんな意味があるのか」という観点からすると、その場で周りの人に聞かれてでも自分の入手した情報の意味を知りたい!という体験ができるとも限らない部分が…(笑)。

多くがチェアやソファとなる次回はその分、皆さんにも解説しやすい生活直結型のヒントやメッセージが多くの方に降りてくることでしょう。俗に言うスピリチュアルイベントに好感を持てない方にこそ、是非とも体験していただきたい『異次元リアリティ認識イベント』です。

日時:9/10(日)13:30~17:00  参加費:当日受付時に5千円
お申込みは下部【お問い合わせ】をクリックしてお名前をお知らせください。
会場は新橋日比谷通り沿いのビルで、お申込者には詳細をご案内いたします。

 

正直者がバカを見ない社会の実現
2017年08月07日

正直者がバカを見ない社会の実現

昨日で第3回目を終えました【ひきこもり講演会】。

私の定義する広義の「ひきこもり」とは、家に閉じこもって日々を過ごしている物理的な状況だけを指すわけではありません。その欲求は強くあっても叶わないお勤めの人(笑)も含めた「利潤追求のためには仕方がないという理由で人間らしさが大きく損なわれている経済社会は、どう考えてもおかしい」という考えの人たちです。そんな趣旨説明的な講話もしますので「講演会」としていますが、実質は参加者の皆さんによる「意見交換会」です。

「こんな世のしくみの中でも、知恵をはじめとして皆で出し合えるものを活用し、何ができるのかを語り合ってみましょう」という集いですね。組織化は権力構造を生みますから、皆が互いに尊い固有の人間存在としてのネットワークづくりです。個別には「金を稼ぐための人生」から卒業できている方も(既にガッポリ儲けたという物理的な意味ではありません!笑)世間にはそこそこいらっしゃいますが、まだまだ「お金の為だから」と割り切って何でもできるわけではない人は、厳しい状況を味わっている場合が多いことでしょう。

「人間としての大切な何かを失ってまでは稼ぎたくない」あるいは「稼ぐ必要があるため仕方なくだが人間性を犠牲にしている自覚がある」人たち皆がささやかな行動を起こせば、それだけで充分に社会が変わるでしょう。

そのささやかな行動とは例えば「社会に上手く順応できない人たちのことも尊重する」ということです。そこには、法律とは無関係に人間としての尊厳を捨てきれない人たちが多分に含まれているからです。これには「自分は社会不適合者の烙印を押された」と自虐的になることを防ぐ意味もあります。真はその逆の「カネや名誉の為に人間性を歪めることができない」ことである可能性が高いのです。

実際に、小さな嘘ひとつつくことすらできなくても長年続けられる仕事なんて、今の日本にほとんどないでしょう。そんな人たちが生きて行けない社会の方をこそ、行政などに頼らず変えて行きましょう!という話です。

ひきこもりメジャー化とは
2017年08月04日

ひきこもりメジャー化とは

物理的な危害は別として、傷つきやすい自分が一方的な被害者であるかのように振舞うことも、気にしないで生きることも、その人の自由選択だという意味のことを前回書きました。その感傷度合いも訓練で可変するというようなことも書きました。

そこで皆さんに最も勘違いしてほしくない重要なことが「だったら鈍感になればよい」ということではないということです。事実、ほとんどの人が「鈍感になる」ことで社会適応しているように見受けられるからです。

素直さや純真さを失って感性が鈍くなれば、確かに些細なことでは感動や喜びを感じられなくなる分、傷ついたり落ち込んだりもしなくなるわけです。ですから皆さんは、深く考えるまでもなく徐々に感覚を麻痺させて生きて行くようになるのが現代社会人の多数派でしょう。ところがそのやり方で社会順応して生きて行くと、かつての自分なら「そんな非道な…」「そんな残忍な…」と感じたことでも平気でやってのける人となって、更なる歪みを内側に溜めたりするわけです。

人間とは、自分以外の何かに反映させることでしか自分を認識できません。たまたま自分に向けられた言葉や行為は、それを発した人自身にとって重要な意味を持つものなのです。そのようなことが理解できるようになると、これまでとはまた別の捉え方をするようになりますし、別の感情が湧くようになるのです。これらのことは容易に理解できるものではないのかもしれませんが、じっくり時間をかければ誰にでもわかるようになる真実です。 

いずれにせよ「合法なのか・非合法なのか・いかに合法に見せるのか」を基準として、金儲けだけを目的に生きる人たちが闊歩し、それにつき合わされている大多数の民によって成り立っている現代社会。「外れたら生きて行けない」と信じ込まされる中、そこから外れて生きている人はまだ一部。これからどんどん増えるであろう、レールから外れる人々それぞれが多方面で活躍し、それらの人々が主要となって構成する世の中ならば、本来の人間らしい世界となるでしょう。

そのことを私は象徴的に「ひきこもりメジャー化計画」と謳っているのです。

傷つく生き方
2017年08月03日

傷つく生き方

ひと頃よりは減りましたが「傷つけてしまった」「傷つけられた」などのセリフがドラマや映画や小説によく出てきます。それに合わせて日常でも「傷つけ…」の言葉を使っている人も多かったように思います。

それが殺傷事件などを指している場合はニュース報道くらいでしょうから、心や気持ちのことを言っているわけですが、はたして「心が傷つく」とは何を指しているのでしょう。いつもの私の言い方ですと「非物質としての人間が傷ついたり傷つけられたりする」ことを意味するわけです(笑)。

私は決して茶化しているわけではありません。「経歴や名誉に傷がついた」といった種の話ならば、例えば「高額な所有車に傷がついた」と同等で物質的な傷にも近いものがあります(それでも憤慨される方は大勢いらっしゃいます)が、「物質肉体ではない人間の何かが傷つけられる」ということを主張したり屈辱と捉えたり罪悪と考える感覚が誰にでもあるということは、いかに非物質としての人間存在を重視しているのか!ということでもあります。

おそらく現代人は「人間とは何なのか」についての認識の個人的差異があまりにも大きいため、自分がちょっと影口をたたかれている事実を知っただけで大きく落ち込んだり怒り出す人から、不可抗力で全てを失っておきながら(実際殺されてしまう人も多い、それが地球文明の特色です…)そんなそぶりは微塵も見せないで短期間で立ち直る人まで、実に様々な許容範囲があります。人間の遺体を目撃しただけでショック状態に陥ってしまう人から、連日遺体の処理をするのが仕事の方も実在するわけです。

それが良いか悪いかは別にして、物質肉体人間として以上に、非物質としての傷つきかたは慣れや鍛錬でだいぶ変わってくるのは事実です。

「自分は繊細で傷つきやすいから」と自らを型に嵌めて「世間や周りの人がいかに自分を傷つけるのか」と感じて苦しんで生き続けるのも、「傷付いたと感じている人たちに手を差し伸べるのに忙しくて、自分が感傷に浸っている暇などない」という人生を送るのも、個々人の自由なのです。

ただ、「人間とはそういうものだ」ということを
知っておくことは大切だと思うのです。

群れることの害悪
2017年07月27日

群れることの害悪

政治とかの話ではなく、皆さんは自分が多数派だというだけで少数派を無視したり軽視しているようなところはないでしょうか。

歩行者や自転車でのすれ違いの際、誰でも一対一でしたらお互いを配慮して難を感じることは滅多にありません。ところが相手が横並びで複数いる場合、人数が多いほど迷惑な状態を維持したまま近付いてきて、すれ違いが困難になる傾向があるのです。 近頃それを強く感じる理由が、今の私は歩行訓練を数日さぼっただけで身体が固まって歩くこともできなくなるため、ほぼ毎日1~2時間は歩く練習をしているからです。

重心移動などの半年以上の訓練が効いたらしく、私がゆっくり歩く姿を見られても、まさか身体が不自由であるとは思われないフォームになっています。でも実際は急に止まれませんしもちろん速く動けませんし方向転換も少しずつしかできません。視界も少しは良化しましたが常に乱れていますから、一歩家を出ればどこでもスリル満点のアトラクション状態。いとも簡単に転べても、受け身は取れず怪我は必至!(笑)

私の身体のことはさておき、道路通行に関することだけでなくて全てにあてはまることだと思うのです。その集団を構成している個々人が元々配慮に欠けた人物で、公共の場で常に迷惑行為をしているわけではないでしょう。集団となった時点でモラルや思考力が低下しているのだと私は考えます。

それが個人だと問題視されることでも自分が人数の多い側(法人でも)だと自分を含む集団の皆が傍若無人に振舞ってしまう…人間の不思議さですよね!などと語り出すと政治的な話となりますから(笑)。

皆さんも感じていることでしょうが人間同士のネットワークやコミュニケーションは生きて行くために必須ですし、複数人でのチームで何かをすることは大変でもあるが楽しくもあり、単独では成し遂げないことを実現させる、まさに人生の醍醐味であると私も考えています。

ただ「いかに集団組織に属さずにつながって生きて行けるのか」を皆がもっと真剣に考えて実践したならば、世の中のしくみは大きく変わります。いや、いろんな意味でその必要があって実際すでにそうなりはじめているということですね。

集団組織とは結局「重大な決定を能動的に自分がしなくてもよい」という依存傾向のある人々がどうしても集まってしまうものだと思うのです、つまり責任を取りたくない人。そのシステムに組み込まれている人たちに「世の中をどうこうしてほしい」などと期待するのはナンセンスでしょう…むしろ一番遠い所にいる人たちです!(笑)

特別立派なことである必要は何もないのですから、誰かにしてもらうことは考えないで自らができ得ることを皆がすればよいことです。そのときに、充分でき得ることを「そんなこと自分にはできない!」と決め付けている人が多いのは事実です。

その枷が外れるときが「人生の転機」と呼ばれているのです。

そして、その気になれば人生の転機はいつでも身近に存在しているのです。

 

大人になる
2017年07月25日

大人になる

私が物心ついてから成人するまでに一貫して加速し続けた感覚がありました。それは「人間という生物は醜い」という強い思いです(笑)。 

何よりも「自分が」ですが、物質的に大便・小便・ゲップ・屁・汗・垢・フケ…などの臭いモノを「これでもか!」と言わんばかりに日々生産(笑)している自覚が徐々に芽生えてきます。

そんな物質的な事よりも強烈なダメージとなってくるのは非物質の醜い言葉や想念です。学校では子供から競争心が植え付けられて嫉妬心や罪悪感が湧くのが普通です。何らかの材料があればすぐに相手を蔑視することで自分が優位に立とうとする大人顔負けの愚か者が(笑)皆さんの身近にもいませんでしたか?

教師や親などの限定された大人の評価を真に受けて「何の取り柄もない自分なんて生きる価値もない」などの罪悪感を持って生きていることの方が根深い問題でしょう。しかしそれらが学校教育の目的でもあるわけですから、この世に生まれてきた子供には原則避けようのないことです。

バイトでもするようになれば、世の中は腹黒い人ほど生きやすいしくみとなっている事を、否が応でも知らされるわけです。悲しいことですが根底から嘘と偽りで固められたような人、そうとまで言わなくても咄嗟に上手な嘘をつけるような人でなくては生き方はかなり限定されてしまいます。

私は昆虫や小動物の飼育を通して、とりわけ魚は大人になってからもずっと飼育し続けて「人間とは違って美しいなぁ…」と鑑賞を楽しんできたのですが、その美しさは人間で言う素直さや純粋さなんですよね。人間が純心なのは原則物心つくまでの数年だけだというわけです。良くも悪くもそんな純心さのままでは生きて行けない世の中なのですね。乳児を何百何千時間と観察できる機会が自分にも訪れたため、改めて感じたのでした。

それでも最近は「生きるためには仕方がない、自分も醜くなって社会適応しよう」とは考えないまま歳を重ねる人が出現してきているように見受けられます。でもまだまだ、世の中はそんな人たちを「大人になれない子供」として白い目で見がちです。

「今の世の中に堂々と美しく生きる人間がもっと存在していてもよい」

静かにそう想い続けている仲間が、つながり始めているのを実感しています。

自分も星
2017年07月24日

自分も星

この太陽系で言えば月や太陽に水星・金星・火星・木星・土星・天王星・冥王星・海王星など、つまり惑星や衛星や恒星。それだけでなく様々な星たちや星団の向きや配置が人間の運勢や体調を左右する…そんな記事を目にすることが多いですよね。

それはその通りだと私も思いますし、実際この物質世界にいるかぎり、誕生日時をはじめとして星々からの影響を受けずに生存することはできないでしょう。

ただ、私にはいつも気になることがあります。それは、その時々の特異な星の配列なりの影響で「物事が滞りがちとなる・人間関係がぎくしゃくする・身体や頭が重くなる」…等々のよろしくない事態の口実になっている説明は頻繁に目に入りますが、星の影響で「仕事がメチャはかどります・人間関係が急激に良好になります・心身共に絶好調でしょう」…などの説明や感想を目にした記憶があまりないということです。

上手く行かないことの口実を調べたり気にしているくらいなら、それらの影響をなるべく受けない考え方で生きる方が楽しくて賢いように思うのです。大病にかかるリスクをあれこれ調べている本人が実際に大病となって「ほらやっぱり!避けがたい○○のせいだよ」という話や、生活習慣について周りに散々あれこれ言われ続けた人が気にも留めないで健康で長生きしてしまうような例を、きっと皆さんご存知でしょう(笑)。

人間とは星でもある」というのが私の基本的な考えです。物質と非物質・別世界・別次元などが絡んでどうしても複雑になってしまう説明はさておき、あなた自身が星であるという認識になってしまえば、周りの影響から完全に免れることはできないにせよ一方的に振り廻されるような受動的影響はなくなります。その筋の専門家が「この時期にそんなに調子の良いはずがないのだが…」と首を傾げるぐらいのことは誰でも起こせます!笑

それは、物質世界で「呼吸」と言われている行為で制御します。
今週末はそのことについて解説しながらのワークショップです。