お知らせ

失敗を笑う
2019年10月18日

失敗を笑う

失敗を笑えることはかなり重要です。その理由を説明しましょう。

 

これは、自分に対してでも他人に対してでも重要なのです。失敗と成功の定義についてがここでの主旨ではないので脇に置くとして、何事も一度目で成功する事ってあまりないですよね。失敗を繰り返すからこそ何とかしたくなるのです。そんな人間の心理を上手く突いて存在しているのが宝くじを含めたギャンブル(笑)。

 

他人の失敗に腹を立てたり自分の失敗に落ち込んだり、それらが日常では成功できる事はほとんど無くなり、単なる気の毒な人になってしまうのです。何でも一発で成功させる人が仮にいたとしても他人にそうさせることはできませんから、結局は不快だらけの人生が待っていることとなるのです。

 

他人の失敗をあからさまに笑う事は難しい場合が多いでしょうし、他人に対して無礼に振舞う事を推奨しているわけではありませんよ~。
卑近な例ですと先月、新品のインスタントコーヒーを持ち上げようとしたらフタが閉まっていなくて中身をブチまけたことがありました。その際に「誰だ、きちんとフタを閉めていない奴は!」とか怒ったところで何も良い事はありません。他ならぬ自分がやったことなのかもしれませんしね(笑)。そこで私は、自分のしたことのマヌケさに立っていられないほど腹を抱えて大声で笑ってしまいました。そうする事で楽しい思い出が一つ増えただけで済むわけです。

 

私は脳幹出血で死にそびれて一度はほとんどの肉体機能を失ったのですから、その事実をウジウジ考えたところで自殺以外にすることはありません。ですから、その事実を笑って受け容れることができて初めて次のステップを踏めるのです。

結論、自分の失敗をウジウジ悩んでいられる人や他人の失敗に腹を立てていられる人は、ヒマすぎるのですね!笑