お知らせ

ヒントはあの世にある
2019年09月30日

ヒントはあの世にある

動物として生きることを選択した人は、この投稿を目にすることもないかと思われますので、本日は知的生命体に向けてのお話です。

 

重力とは何でしょう。今の地球上で物理的に存在していれば普通は必ず重力の影響を受けています。それがこの世のルールとなっているのです。星の運行から原子構造までこの世ではスピン(回転運動)が基本になっていて、そのことで軸というものがあって上・下・右回り・左周り等の方向というものが確立されます。

 

いわゆるUFO(他の星の宇宙船)でもこの世に出現する時はスピンをしています。地球人には一般化されていない認識ですが、普通の星の宇宙船とは機械ではなくて知的生命体。それでもこの世に出てくるのには回転が必要なのです。

 

地球上でもヒマラヤの聖者クラスになると宙を浮くように移動するのですが(イエスキリストが水の上を歩いたとの話は皆さんもご存知でしょう)この世に居ながらにして重力を制御できている証拠ですね。2万年前くらいは地球上でもそれが当たり前のテクノロジーとなっていて、ピラミッド建設等もできたわけです。

 

重力とは、体重をはじめとする重さを生じる現象というだけのことではなくて、この世をこの世たらしめている法則です。無重力では方向もないし、距離や時間も変わってきます。あの世の人が宙を浮いていたり壁をすり抜けたりする現象は、この世のルールではなくてあの世のルールに従っているだけ。

 

この世にもその技術を取り入れることができなければ、せいぜい月まで行って宇宙旅行とかホザいているレベル止まりなのです。そもそも月はスピンしていませんから、この世の自然物でもありませんしね。

今の人が「死」と呼んでタブー視しているその先に真実はあるのです。