お知らせ

原子力の真相
2019年08月31日

原子力の真相

日本の広島と長崎に投下された原爆というものは、ハッキリ言うと非物質化の公開実験でした。殺戮兵器はこの地球にいくらでもありますが、必ず遺体が残ります。丸焦げだったり粉々に分散していたとしても、破片はどこかに散在するのです。

 

ところが原爆の爆心地でもろに被爆した場合、陰のようなものが残ったりしても遺体は瞬時に消えてしまうのです。爆心地から離れた場所で被爆した方は、よくある殺戮兵器で殺傷された場合と似たような被害を受けたケースもありましたが、原子力爆弾はその他の兵器とは原理が全く異なるのです。

 

この世の物質の構造自体に手を入れる、しかもその威力や影響力を知らずに子供のいたずらのように公開実験されたのでは周りの星々の存在にとっても脅威なのです。

ですからそれ以降は地球外知的生命体も地球に干渉せざるを得なくなったのです。地球人には理解できない方法で80年ちかくも阻止されてきました。

 

原子力発電がどうのこうのと長年地球のテーマとなっているのには、そんな背景があるのです。低知性な政治家や学者たちはそれを解っていないのです。

 

せめて地球外を含めた宇宙の破壊を遠慮するくらいの知性を、地球人が有してもよい時期なのですね。