お知らせ

非物質基本講座「その6」
2019年08月19日

非物質基本講座「その6」

日本では昔、この世の人・動物・魚・鳥・昆虫はじめ植物や鉱物等も非物質エネルギーに満ちた存在が物質化した形態を採っているということを認識していました。教科書でも「万物に神が宿っているとする考えのアニミズム文化」的な表現があったのを憶えている方も多いでしょう。

 

物質科学万能の価値観に染まっている文明に浸った現代人は「原始的な習慣であった」くらいに考えていますが、実は昔の人のほうが余程科学的だったわけです。科学が物質を対象にしている限り地球文明は幼稚なままです。星間交流を例にとってみても、高校生や大学生の仲間に幼稚園児が混じって交わることはありえませんよね。ごく稀に「幼稚園児でもいいよ」と言ってバカにはせず遊んでくれたとしても、幼稚園児に合わせたことしかできません。それが今の地球の状態です。

 

霊魂や時や空間といった非物質を科学しないことには何もはじまりません。幼稚園児を大学生に飛び級させるような大胆な計画が開始されています。日本人ならばそれが出来得る素地があるのです。私も物質世界に出てくるにあたって敢えて今の日本の地を選びました。

 

ここが唯一の原爆実験会場国となったことも、近年では阪神や東北の災害で大量の死者が出たことも偶然ではないのです。新しい地球文明はこの地を中心に発信されて行くのです。

私は今は地球人ですが、ナショナリストではありませんよ~

地球の国家とか民族とかには無関心です(笑)