お知らせ

地球の変動に順応する
2019年08月05日

地球の変動に順応する

私は子供の頃から地球という星の生物の生態にとても興味があったのですが、大人になってからは哺乳類等の臭いに耐えられなくなってしまい、魚の鑑賞をライフスタイルとしています。(魚だって水から出せば臭いますが!)

 

三年前の脳幹出血で一度は視力もほぼ失ってしまったのですが、1~2年かけて徐々に視力が回復してきたので今では小学生のように新鮮な気持ちで水槽を楽しんでいます。身体の感覚も失ってしまったため、事故なく安全にできる小魚やイモリ等が中心です。

 

手間ひまかけて世話をすると、数百円で売られている数cmの魚であっても愛着が湧いてきて大事に育ててしまうのだから不思議なものです。今日その水槽の魚が一匹屍骸となって周りのエサになっていました。一日以上その部屋はクーラーをかけずにいたので、水温も三十何度となって軽く茹で上がってしまったよう(笑)。このような事を、魚ではなくて人で経験しているケースもあるわけですから、本当にシャレにならない気候ですね。

 

私が小学生だった頃には気温35度なんてとても考えられなかったです。熱帯魚さえ暑くて死んでしまう気候に日本がなるなんて…

 

地球は生きています。特定地域の気温だけではなく、数十年しか生きない肉体の人間にはとても考えられないような事がこれからも次々と起こってくるのでしょう。何が起こっても、物質肉体を有していたいのなら順応するしかありませんね!