お知らせ

美しい生き方
2019年01月04日

美しい生き方

もうすっかり正月気分も抜けている方が多いでしょう。私も久々に息子の保育園登園のおかげで自分の時間を確保でき、自分と向き合う時間を作れました。

 

ここ2年、この世田谷公園にはいつ倒れて再び重症になるかもわからない状況で私は通っていました。最初は眼も見えないし坂や階段も無理なので、噴水を眺めているつもりでイメージトレーニングをしていたというわけです。

 

ただ耳は割と早く普通に戻っていて、ミニSLが走っていることは認識できました。そこに私が倒れた日に生まれた息子と乗車することを夢見て通っていたのが、ついに約一年前に叶いました。息子はまだ一歳だったので我ながら上出来です。

係員には赤ちゃん以上に介護の必要なオッサンの乗車に協力してくれた姿勢に感謝です。やはり区がやっているから福祉の心があるのでしょうね。

 

手すりがあれば一人で噴水のベンチまで行くことができ、眼もそこそこ見えるようになった今になって静かに過ごすと、やはり想いが次々と湧いてきます。身体が悪いことも歓迎すべき事ではありませんが、カネの為に醜い生き様を晒していることも気の毒な事です。

 

好んで醜い生き方をしているつもりの人は少数でしょう。「そうせざるを得ない」といった感じでしょうか。しかしそれも間違いなく自分で選択したのです。

 

美しい生き方をして豊かな人だっています。

どちらにせよ自分の自由意志でそうしているのです。

搾取からは金銭以外で恨みや憎しみしか生まれません。