お知らせ

異次元体験
2018年05月11日

異次元体験

寛ぎを邪魔するものは何でしょう。場所ですか?空腹や満腹ですか?インテリアですか?気候ですか?騒音ですか?体調不良ですか?

 

何の話かと言いますと「寛いで暮らしていますか?」ということです。

 

誰もが「寛ぎ」という単語を使います。しかし私はリゾート地や飲食店で人が寛いでるという印象を受けたことがほとんどありません。病院のベッドでならあります(笑)。他人に見られたら寛げないから皆さん一人っきりの時に寛いでいるのでしょうか。

 

気がかりなことが何かあったら寛げない…それは普通のことです。休暇には期限の終わりがある、肉体を維持しているのなら空腹はもちろん痒いだの痛いだの痺れるだの何らかが毎日あります。たとえ安らげる時があっても束の間ですよね。

 

ところが深い睡眠中は違います。無理な姿勢で寝ていても気付かずにそのままで身体の痛みや不具合を発症した経験が誰にでもあるでしょう。別次元に行っているためこの世界の心配事とは無縁なのです。逆に眠りにつけないとか眠りが浅いという事も起きるわけですが。

 

そんな寛ぎの心理状態を覚醒中でも意図的に作るのが瞑想だと考えてください。

 

瞑想とは、経済や身体状況等の心配事を一切忘れて別次元にて戯れることができる行為です。そこでは閃きやアイデアに溢れているのが普通です。ただ目を閉じてじっとしていれば必ず誰でも行ける世界でもありません。きっかけや慣れが必要でしょう。

 

私の開催するイベントでも、体験する異次元訪問を参加される皆さんが大変に喜んでいます。次回の異次元体験会の開催日は5/19(土)の昼で急遽決定いたしました。皆さんとお会いできることを楽しみにしています。