お知らせ

性的欲求を越える
2019年12月05日

性的欲求を越える

性欲とは動物本能欲求ですから、種の保存のために異性との性的な結合を求める行為であることが一般的です。ですからその時期には個人差があるものの、生殖機能が発達し始めた小中学生頃からということになります。

 

思い返してみると幼稚園児だった頃、自分が好きだった相手は男・女、共に複数人いました。果たしたい性的欲求があったわけでもなく好意を抱いていたのです。性欲に振り回されることなく人を好きになるということがあった時期ですね。小学校に進学してもその相手は同級生として同じ学校に在学しているわけですが、異性を性の対象として意識するようになった10歳頃ともなると「どうしてあの相手に魅力を感じていたのだろう?」我ながら不思議(笑)。

 

異性を選別し、また自分が異性から選ばれることによって子孫を残そうとしている、他の動物と同じ原理の欲求が人間であるはずの自分にもあるということに複雑な心境を覚えました。よって、思春期になると「自分がもてようと努力する」ことにバカらしさや嫌悪感を抱くようになってしまいました。それは生きるということへの動機の欠如ともなるのです。若い頃は特にスポーツでも音楽でも勉強でも仕事でも、上を目指すのは「恋愛や結婚に有利にはたらくから」、それが多くの人にとって最大の動機なのではないでしょうか。私にはそれがほとんどなかったので「人間とは何か・生死とは何か・宇宙とは何か」といった事に最大の興味関心を抱き続けてきたのです。
そんな人は当然もてない!笑

でも周りをよく観察する中で、「もてるためには何をどうすればよいのか」的なこともそれなりに心得ているつもり。ただそれを発揮していない人生ですが(笑)

 

私は3年前に脳幹出血で倒れ、一度はほぼ全ての肉体機能を失ったため、幼児以来の「性的欲求とは全く無関係に人と関わる」ということが今では益々自然なこととなりました。しかも幼稚園児よりは教養がある。だから新鮮!笑

 

人生とは、それこそ「どこでどうなるのかわからない」実にそのように感じる今日この頃。