お知らせ

再度死に損なって
2020年02月20日

再度死に損なって

年末に倒れて救急搬送され入院して判明したこと。

それは腎臓があまり機能していないため、健康ならば尿で排出されるはずの毒素が体内に蓄積するため、意識が朦朧として立ってもいられなくなったということ。

 

私は3年半前、息子の誕生と同日に脳幹出血で倒れたのですが、内蔵が無意識で機能するよう指示を出している「脳幹」が故障すると、心拍や呼吸が止まって死亡する場合が多い。

医師も私の頭部MRI画像を見て「これで生きているなんて奇跡だ!」と驚いていました。

心肺停止こそ免れたものの、起き上がることも視ることも飲み込むことも喋ることもできない状態からのリハビリに苦労して、割と健常者に近付いてきた頃の3年後になって「腎臓が機能していない」と言われても「あっ、そう」ってな感じ。

良くも悪くも、死ぬはずの人がまだ生きているのですから!笑

 

毒物を体内から排出するという腎臓の機能をマシンで代替する「血液透析」という煩わしい時間が、以後も生きるのならば必要となります。
肉体で生きるのならば食事や排泄や睡眠も元々必要なわけですから、生きるということが更に面倒な行為となってしまったわけです。

 

それでも生きようと思えるのは、わざわざ肉体でこの世に出てきたミッションを遂行したいから。未遂のまま他界して、またもや肉体でこの世に出てくることは阻止したいとの思いでもあります。

 

肉体という物質に宿った人が存在する時代はもう終わりではないかという意味です。今は3次元物質の肉体に宿っていて当然の「人」という存在形態。その次元が異次元に移行するということ。

即ちそれは、これまで「霊」とか「魂」とか呼ばれていた存在形態のことなのです。