お知らせ

上限のない知性
2018年04月30日

上限のない知性

「人間がどれくらいの次元変化を認識できているのか?についての確認のとりようがない」という問題、皆さんもぶち当たっているはずなんです。

 

朝ベッドで目覚めた際、会社に出勤しようと急いで髪や髭や服装を整えているうちに毎日の習慣をこなしているだけの感覚が蘇り、1時間前の自分の五感がどうであったのかを突き詰めて考えることもなく、遅刻しないで無事に出勤することに意識を向けて毎日必須の異次元体験が例のごとく蔑にされている…だいたいそんな具合じゃないでしょうか?

 

睡眠中のアナタは毎日どこで何をしているのでしょう。アナタの肉体はベッドで横たわって呼吸を継続しながら心拍を繰り返していることでしょう。暑さ寒さをはじめとした寝苦しさがあれば意識が肉体に戻ってくることもあります。しかし毎晩アナタは原則肉体のあるその場所にはいないのです。

 

誰もが毎日異次元を往来しているのに、その事実を軽視しています。それは「ちょっと考えてみても答えが出そうにないから」といった理由からなのでしょうか。

 

誰もが平行した宇宙で生活しています。ところが多くの人は特定の会社があったり特定の家族がいたりする世界をメイン宇宙としていて、他の宇宙とは関与しないように努力しているように私には見えます。

 

その限定した世界観が死を怖れさせているのです。

 

複数、それこそ無限にある人生や宇宙観における自分の肉体死は特別に絶対視されることがありません。人生では唯一の世界観に逃げ込むことさえ止めれば、肉体死さえも大した問題ではなくなるのです。そしてそれでこそ知的生命体なのだと私は思うのです。

 

肉体死を無暗に怖れて生きているのは、知性とは無縁な獣の生き方なのだと思います。ですから私は人間に多くの宇宙を、無限の世界を知っていただきたいのです。そして肉体死を絶望視することのない、肉体死を回避するためだけではない、知的な人生というものを皆さんに送ってほしいのです。

 

私が開催しているイベントでは、参加者の皆さんが異次元の存在を肯定的になって帰られます。毎日睡眠をとっていることの意味を再認識しているのです。その感覚に慣れてくれば、複数の宇宙を同時認識して生きる知的生命体の醍醐味を味わえるときが遠からずやってくるのです。

 

人間のしくみは自ら探究しなければ得られないものでできています。それが、どこの書物にものっていない異次元の無限の知性なのだと思います。