お知らせ

「ゆるす」とは
2020年10月12日

「ゆるす」とは

「ゆるす・ゆるさない」は愛とはほど遠い概念なのですが、世の中ではほぼ勘違いされて使われています。

片方が正しく優れていて、もう片方が悪いとか劣っている。そんな風に裁いているからこそ使う傲慢な言葉、それが「ゆるす・ゆるさない」なのです。

特にスピリチュアルな場面での「ゆるし」とは、価値判断を一切せずに受け入れるというような意味なのです。

不遇かと思われた事をきっかけに人生が好転したとか、ラッキーかと感じた事が災難の始まりだったなんて話をよく耳にしますね。その前にご自身が経験しているのかもしれません。

 

何があろうとも「価値判断をしない」という姿勢が尊いのです。「悟り」が近い言葉かと思いますが、該当する適切な言葉がありませんね。強いて言うのなら「あるがまま」もしくは

「これでいいのだ」でしょうか?

私も幼い頃にテレビの「天才バカボン」を見ていましたが、子供向け番組でこんなに深いことを言っていたのですね(笑)